お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

浮気や不倫だけじゃない! 既婚者に聞く、「夫婦の修羅場」ベスト4

ファナティック

夫婦の修羅場

結婚したら生涯幸せな生活を送れるはず……と、新婚当初は誰しも思うものですが、いざ始まってみるとさまざまな問題が勃発し、修羅場を迎えてしまうこともあります。働く男性が経験した、結婚生活での一番の修羅場とは……? アンケートをとってみました。

■暗雲たちこめる結婚式

・「結婚式の打ち合わせで意見が食い違ってけんかになったこと」(33歳/情報・IT/技術職)

・「結婚後の同居するしないでもめたとき。結婚式をするしないでもめたとき」(37歳/建設・土木/技術職)

2人にとって、もっとも幸せな瞬間であるはずの結婚式。ですがそれは、お互いの価値観の違いをまざまざと見せつけられるイベントでもあります。幸先悪いスタートに、今後の生活が不安になりますね。

■修羅場になるとわかっているのに

・「浮気してベッドにいたら妻が帰ってきて鉢合わせたとき」(39歳/建設・土木/技術職)

・「妻の母の不倫。相手がよりにもよって、俺の妹の夫」(33歳/学校・教育関連/専門職)

何の罪悪感もなしに浮気や不倫をする人はどのくらいいるのでしょう。多くの人はのちに修羅場が待っていることは理解しているはず。ですが、自分たちだけ気を付けていればいいというわけでもないようですね。

■もう我慢の限界

・「就活と育児と、実の両親からの嫌がらせで、妻に何とかしろと圧力をかけられて、離婚したいと切り出したとき」(31歳/情報・IT/技術職)

・「不妊治療にお金をいっぱいかけても子どもができなかったとき」(37歳/情報・IT/技術職)

夫婦生活に我慢はつきものですが、あまりに抱え込んでしまうと逃げ出したくなることもありますよね。今までがんばってきたけれど、もう我慢の限界……堪忍袋の緒が切れたときは、修羅場と化してしまうでしょう。

■金の切れ目が縁の切れ目!?

・「住宅ローンを繰り上げ返済しようと共働きしていたが、相談なしに嫁が会社を辞めた」(40歳以上/商社・卸/営業職)

・「家の貯金をギャンブルに使ったとき」(28歳/機械・精密機器/技術職)

愛はお金では買えないと言いますが、お金のトラブルは夫婦生活が破たんしてしまう原因にもなりかねません。特にマイホームの購入など、2人の一生涯にかかわることは慎重に判断したいですね。

■まとめ

結婚生活の修羅場と聞くと、浮気や不倫などの男女間の問題が頭に浮かびますが、どんなに節操を守っていても、それ以外のことで修羅場を迎えることも多々あるようです。夫婦と言えどもしょせんは他人同士。相互理解がなければ生活が成り立たないことを忘れてはいけませんね。

(ファナティック)

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月9日~8月12日
調査人数:400人(22歳~39歳の男性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]