お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

マイコ、うらやましすぎっ!! 独身女性が「まじで結婚したい……」と思う瞬間4選

ファナティック

結婚願望の強さは人それぞれ。10代のころから「早く結婚したい!」と思う人もいれば、30代になってようやく「そろそろ結婚したいな」と思う人もいることでしょう。そういった結婚願望はどんなときに高ぶるものなのか、世の中の女性たちに質問してみました。

■親しい友だちが結婚したとき

・「友だちが結婚したとき。置いていかれる感があるから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「友だちみんな結婚してひとり取り残されたとき」(27歳/自動車関連/営業職)

・「友だちが結婚したとき、寂しいなと思うので結婚したくなる」(28歳/その他/その他)

・「親友がほとんど結婚し、取り残された気分になるとき」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

今まで一緒に遊んでいた友だちが結婚してしまうと、独身時代と同じように遊ぶことはできなくなってしまいます。そうすると、どうしても寂しさを感じがちに。自分も結婚すれば、寂しくない、と思ってしまいますよね。

■幸せそうな家族を見たとき

・「幸せそうな家族を見たとき。羨ましいなと思い結婚したくなる」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「子どもを連れて買い物をしている親子を見たときは幸せそうで羨ましいです」(24歳/金融・証券/営業職)

・「友だちの家に遊びに行って、友だちの旦那と子どもが仲よさそうに遊んでいるのを見ている友だちを見たときに羨ましいと思い、結婚したくなりました」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

幸せそうな夫婦や親子を見ると、羨ましいと感じるのは、もはや必然と言ってもいい現象かもしれません。自分が独身だから、どうしてもそう感じてしまうのでしょう。

■仕事の嫌になったとき

・「仕事がうまくいかないとき。逃げたくなる」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「仕事でストレスがたまったとき」(28歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「仕事が嫌になったとき。頭がストレスでいっぱいで毎日つらく、休日はデートしたくても休みが合わないので、なかなか会えませんでした。結婚して一緒にいたいと思いました」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

結婚をすれば、仕事のストレスを共有してくれるパートナーを得ることができます。また、仕事を変えたり、専業主婦になったりすることもあるでしょう。結婚は嫌な仕事と離れる機会にもなるのです。

■好きな人と一緒になりたいと思ったとき

・「彼氏と一緒に暮らしたいと思ったとき」(32歳/金融・証券/専門職)

・「遠距離がつらいとき。結婚して一緒に住みたいと思う」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「彼氏にやさしいことをされたとき」(24歳/医療・福祉/専門職)

本当に好きな人だからこそ、一緒にいたい、この人と人生を歩みたい、と思うのです。カップルとして同棲するよりも、きちんと籍を入れたほうが、お互いに対して責任を待つことができますからね。

■まとめ

結婚願望が高まったとき、その勢いのまま、婚活をはじめてみる、というのもひとつの手です。結婚はタイミングが大事。「結婚したい!」という気持ちが薄くなってしまう前に、行動を起こし、アグレッシブに出会いを求めていきたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月13日~7月19日
調査人数:118人(22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]