お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

「相棒」ってナニソレ!? ドン引きする他人の「夫の呼び方」8選

ファナティック

既婚女性から家庭の愚痴を聞いたとき、気になるのが「ダンナさんの呼び方」ではないでしょうか。「あのダメ夫がさ」なんて聞かされると、あまり気分のいいものではありませんよね。そこで今回は「既婚女性がパートナーを呼ぶときに悪印象な呼び方」について、社会人女性のみなさんに教えてもらいました。

■ドン引きする! 「ダーリン」

・「ダーリン。聞く立場になったら、ちょっと引く」(35歳/医薬品・化粧品/その他)

・「ダーリン。あんたいくつだよって言いたくなる」(33歳/建設・土木/その他)

・「ダーリンは、イタイなあと思う。結構いい年をした人が言うとかなりキツい」(32歳/学校・教育関連/専門職)

とても多かったのが「ダーリン」という呼び方でした。学生時代ならまだしも、ある程度大人になってからの「ダーリン」は、痛々しさも感じるし、聞いている方が恥ずかしくなってしまいそうです。

■夫婦なのに……「あの人」

・「あの人、って突き放してるのはあまり好きじゃない」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

・「うちの人。他人感が拭いきれない感じがする」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「あの人。名前も呼んでもらえないのは悲しいから」(32歳/その他/その他)

「あの人」という呼び方も、夫婦なのに冷め切ってる感じがして気になりますよね。夫婦はしょせん他人だとはよく言われますが、あまりにも突き放した呼び方だと、夫婦仲が心配になってしまいます。

■バカにしてる系

・「ダメ夫、大きな子ども。バカにしている感じだから」(30歳/情報・IT/営業職)

・「あのバカ、じじいとか、口の悪い女性はいいがち」(35歳/医療・福祉/専門職)

・「うちのオヤジがね、という表現。旦那さんのことを大切にしていないんだな、と思う」(31歳/通信/事務系専門職)

「ダメ夫」や「大きな子ども」など、パートナーのことを罵倒するような呼び方も、印象が悪いですよね。いくら友だちの前でも、愛情が感じられない呼び方をされると残念な気持ちになります。

■なんか違和感を覚える系

・「相棒。漫才コンビじゃないんだからと思ってしまう」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「パパ。自分の親のことみたいで変な感じがする」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「『夫の○○です』とあだ名で紹介されると、仲良しを見せつけられているみたいで不快」(26歳/不動産/販売職・サービス系)

他には「相棒」「パパ」「あだ名」なども挙げられました。相棒は漫才コンビみたいだし、パパだと別の意味でのパパを想像してしまいます。あだ名で紹介されるのは、人によっては見せ付けられてると感じてしまうようです。

■まとめ

「既婚女性がパートナーを呼ぶときに悪印象な呼び方」として、ダーリンやあの人、ダメ夫などがありました。どれも他人にパートナーのことを話すときの呼び方としては、印象が悪いものばかりです。自分が将来結婚したら、パートナーのことは愛情を持って呼びたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数208件(25歳~35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]