お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

なんでもかんでもマヨネーズかけないで! 彼が彼女・奥さんに言えない不満8選

ファナティック

カップルパートナーとのケンカはできることなら避けたいもの。そのために、相手に対して言いたいことがあっても我慢している人も多いのではないでしょうか。社会人男性のみなさんに、口に出せないパートナーへの不満を聞いてみました。

■食べ物の好みがちがう!?

・「なんにでもマヨネーズを使う」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「たまにおいしくない料理があるなとは感じます」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

他人同士が一緒に食事をするとなれば、多少の好みのちがいはお互いに譲歩する必要があります。ですが度が行き過ぎるとそれは不満となり、「少しはこっちの好みも考えてほしい」と思われてしまうことになるかもしれません。

■そんなに時間がかかる理由は?

・「彼女が時間にルーズなところ。いつも待ち合わせに遅れて来て笑って済ましているけど、そろそろ我慢できなくなってきている」(28歳/情報・IT/技術職)

・「朝の準備に時間がかかりすぎる」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

女性の身支度はけっこう大変。ですが男性からすると、準備は手早く済ませ、約束の時間を守ることのほうが優先だと感じるようです。彼の前でかわいくいたい気持ちは分かりますが、何度も約束の時間に遅れると、遅刻常習犯のレッテルを貼られてしまうかもしれませんね。

■たまには静かに過ごしたい

・「おしゃべり好きなところ。疲れているときなど、たまには静かに過ごしたいときもある」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「あまり言われたくないことまでズケズケとなんでも言ってくること」(36歳/情報・IT/技術職)

本来であれば、仕事で疲れて帰っても、彼女の笑顔で癒されるのがカップルの理想の姿かもしれませんが、女性が話し好きだとそうもいきません。のんびりまったり過ごしたいのに、癒されるどころかますます疲労度が増してしまいそうですね。

■家事をサボっていませんか?

・「キッチンの掃除が雑すぎて汚い」(32歳/自動車関連/技術職)

・「もう少し家庭に落ち着いて欲しい」(33歳/機械・精密機器/事務系専門職)

働く女性は、時に家事をする時間さえ持てないこともあります。ですが、時間的な余裕があるにもかかわらず家事をしないのは、単なるサボりだと思われてしまうかも。息抜きのために外で遊ぶことが当たり前になってしまわないよう気を付けたいですね。

■まとめ

私のパートナーは何も言わないから気楽! なんて思っていても、実は自分が気付かないところで彼は不満をため込んでいるかもしれません。お互いにストレスのない生活を送るためにも、自分の価値観や生活スタイルを押し付けず、彼に対する思いやりの気持ちを持ちたいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数107件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]