お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

広がるチャンス!? 彼女の友だちに紹介されたらうれしい男性⇒41%

ファナティック

彼氏ができても、会社や学生時代の友だちなど、もともとその人を取り巻いている人間関係ってありますよね。恋人を自分の友だちに紹介しあうこともあるでしょう。さて、では、もし自分が彼女の友だちに紹介されるとしたら、男性はどう思うのでしょう? アンケートで本音を聞いてみました。

Q.彼女の友だちに紹介されたらうれしい?

うれしい……41%

うれしくない……10%

どちらとも言えない……32%

わからない……15%

約4割の男性が、「彼女の友だちに紹介されたらうれしい」と回答。それぞれの回答の理由を見ていきましょう。

<彼女の友だちに紹介されたらうれしい!>

■仲よくなりたい!

・「こないだバーベキューに行ってきた」(31歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「交友関係を広げるチャンスでもあるので」(29歳/電機/技術職)

彼女の友だちは自分の友だち!? 彼女に紹介された友だちと一緒に、早速バーベキューに行ったという人も。友だちの輪が広がりそうですよね。

■信頼されてる!

・「信頼されているのかなと、うれしくなります」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「信用されている気がするから。あえて紹介されていなかったら、何かあるのか不安になる」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

もし別れを検討中の相手であれば、友だちに紹介したりはしませんよね。そういうわけで、彼女の友だちに紹介されて安心する男性もいるようです。

<どちらとも言えない>

■広げたくないかも

・「初対面の相手だし、こちらも気をつかうのであまり会いたいとは思わない。社交辞令のような会話が続くのも苦痛だし、仲よくしすぎると彼女からあとで怒られそう」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「あまり人間関係を築きたくない。彼女との2人の時間を大事にしたい」(38歳/学校・教育関連/専門職)

彼女の友だちは、やっぱり彼女の友だち。思い出がない相手ですし、相性も未知数。せっかく紹介されてもうまく付き合えないかもしれませんね。

<うれしくない!>

■はっきり言って面倒!

・「いろいろなことを聞かれたりするのが面倒くさいから」(36歳/情報・IT/技術職)
・「別に友だちとは仲よくなりたくないので」(28歳/その他/技術職)

おしゃべりな友だちに自分のことを詮索されると面倒ですよね。また、男友だちに同性としてチェックされるのも苦痛に感じそうです。正直なところ、面倒という人もいるのかもしれませんね。

■まとめ

彼女の友だちは、彼女を支えてくれた大切な存在です。そのため、これからは自分も彼女の友だちと一緒に、楽しく過ごそうという男性が多く見られました。一方、「実際にそのような状況になったことがないからわからない」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)という意見も。交友関係が広がるのは、社会人になると貴重なこと。ご紹介した意見を参考にしてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月1日~6月23日
調査人数:105人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]