お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

恋愛の距離の取り方、あなたは上手ですか?

ファナティック

ずっと一緒にいるのが愛情表現という恋愛もあれば、お互いに適度な距離を保つことでうまくいく恋愛もありますよね。みなさんは、好きな人との距離をうまくとれていますか? 今回は、恋愛関係においての男性との距離の取り方について女性たちに聞いてみました。

Q.あなたは恋愛において距離のとり方はうまい方だと感じますか?

「はい」……42.0%
「いいえ」……58.0%

自分自身で距離の取り方が上手だと思っている女性が約4割。では、どんなところでそう思うのか理由を聞いてみましょう。

■少しずつ親密な関係を築ける

・「少しずつ親密になっていくような関係作りはうまいほうだと思うので」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「懐に入っていくのがうまいと思うから」(31歳/金融・証券/専門職)

・「徐々に相手と距離をつめることができていると思うから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

一気に仲よくなれるわけではないけれど、少しずつ信頼関係を築くような恋愛の仕方ができる。自分自身をそんな風に分析している女性もいるようです。最初は友だちからスタートしても、徐々に恋愛関係になれるという女性はこういうタイプなのかもしれませんね。

■付かず離れずで長く付き合える

・「頻繁に会うのは好きではないから、距離を保っている」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「くっつきすぎないで、いい感じで長く付き合えるから」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「つかず離れずの距離を保つほうだから。束縛がウザイなどは言われたことはない」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

彼にベッタリ甘え過ぎることもなく、かといって寂しさを感じるほど離れるわけでもない。つかず離れずの適度な距離を保てるという女性もいるようです。一気に気持ちが盛り上がるわけではなくても、その分長くいい関係を続けていけるのはこういう付き合い方かもしれませんね。

では、距離を取るのが下手だという女性にも理由を聞いてみましょう。

■押すと引くのコントロールができない

・「押しに弱いので流されてしまいそうになるから」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「0か100になってしまう。束縛したいし、かまってちゃんタイプ。これをしないようにと思うと興味がない、そっけない態度しかとれない」(34歳/小売店/営業職)

・「まわりが見えなくなり干渉し過ぎてしまうときがある。逆に気をつけようとして冷めてると思われてしまうことがある」(28歳/金融・証券/販売職・サービス系)

好きか嫌いか、一緒にいるかいないか。極端すぎる選択しかできないので、男性から誤解されたりうっとうしがられたりするという女性もいるようです。自分自身でもその辺りをうまくコントロールしたいと思いつつも、好きな気持ちが大きくなると感情に流されてしまうのかもしれませんね。

■まとめ

自分の気持ちをうまく調整できて、相手との距離感を保つ。恋愛においてはかなり難しいテクニックと言えそうですが上手に距離を取ることができる女性も少なくはなさそうです。もともとの性格というのもあるのでしょうが、何度か恋愛を重ねていくうちにだんだんと上手になっていくのかも。相手への気持ちを抑えすぎる必要はありませんが、思いやりの気持ちを忘れない。それが上手に距離を保つための秘訣かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月2日~6月8日
調査人数:131人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]