お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

付き合う前に見抜けなくて後悔……!? 彼女にドン引きしたエピソード・4選

ファナティック

付き合っていくうちに、相手のイヤな部分が見え隠れしてくると、さすがに気持ちも冷めてしまうこともありますよね。付き合う前に見抜けなかった自分に後悔してしまいそうです。そこで今回は働く男性のみなさんに、今カノにドン引きした経験について、こっそり本音を語っていただきました。

■常識を知らない

・「一般常識を知らない」(31歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「世間知らずすぎる」(27歳/金融・証券/営業職)

・「膝を立ててごはんを食べる」(38歳/情報・IT/営業職)

あまりにも常識を知らない相手だと、一緒にデートに出掛けるのも恥ずかしくなるものですよね。学生のうちはまだ通りますが、社会人ともなると、ただのイタい人になるので気をつけたいものです。

■無頓着なところがある

・「靴下に穴が開いていた。けっこう大きな穴が開いていたのでびっくりした」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「電車で股を開いており、まったく気にしていなかった」(37歳/金融・証券/営業職)

・「部屋が汚い」(27歳/農林・水産/技術職)

あまり神経質すぎる相手だと、こちらも疲れてしまうもの。とはいえ、何も気にしないほどの無頓着すぎると、さすがに引いてしまいますよね。

■見た目を気にしない

・「寝不足で出掛けていくことです。目にクマを作っていて怖い」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「ジャージで買い物に行く」(31歳/情報・IT/技術職)

・「派手なコスプレが好きであることです」(30歳/電機/技術職)

一緒に出掛けるときにも、見た目をまったく気にしない相手は、並んで歩くのも恥ずかしいときもあります。いくら好きな相手としても、多少の見た目は気にしてほしいですよね。

■思いやりがない

・「家の前まで迎えに行って、デートをドタキャンされたとき」(38歳/学校・教育関連/専門職)

・「うそをついてほかの男と出掛けたとき」(31歳/情報・IT/販売職・サービス系)

・「店員に横柄な態度で接していたこと」(35歳/建設・土木/技術職)

まわりの人に対する思いやりのない行動をされると、気持ちはなえてしまうものです。自分だけならまだしも、他人にまでそんな行動をされてしまうと、今後のことも考えてしまいそうですよね。

■まとめ

中には「号泣。いきなり号泣して怒り出した」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)といったように、いきなり感情をぶつけてこられて、困ってしまった人もいるようです。また、「彼女のお父さんをぞんざいに扱うところ」(32歳/金融・証券/営業職)というように、身内に対する冷たい言動を見てしまうと、自分もそうされるのでは?と不安に感じてしまいますよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月26日~6月12日
調査人数:108人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]