お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 スキンケア

女性が、美肌のために心がけている生活習慣3つ

ファナティック

肌の状態がいいと、それだけで自分に自信を持てるし前向きになれるもの。だからこそ、肌は常にベストな状態をキープしたいですよね。そこで今回は、女性のみなさんに美肌のために心がけている生活習慣について教えてもらいました。

■食生活は大事!

・「バランスのよい食事をとって、しっかり睡眠時間をとる」(28歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「毎日豆乳を飲むようにしている」(30歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「食生活のリズムを崩さないようにしている」(26歳/運輸・倉庫/営業職)

・「マルチビタミン&ミネラルを、寝る2時間前くらいに摂取。便秘にならないように、毎日ヨーグルト」(34歳/情報・IT/技術職)

偏った食事ばかりしていると、肌トラブルが増えるだけでなく、なかなか改善されないもの。栄養バランスを意識した献立を心がけたいですね。また、便秘予防のための食品を積極的に摂っている人も。

■紫外線をブロック!

・「紫外線対策を徹底。年の半分は日傘、夏場はアームカバーも必需品」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「日焼けしない」(33歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「外に行くときは日焼け止めを塗る」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

紫外線は、透明感のある肌を目指す女性にとっては大敵。ちょっとした外出でも気を抜かず、外に出るときや、窓辺にいるときは、きちんと紫外線対策をしないと、うっかりこんがり焼けてしまうことになるので、気をつけたいですね。

■メイクにも注意

・「化粧は薄化粧を基本とする。帰宅後はすぐに化粧を落とす」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「化粧は必ず落とす」(26歳/その他/販売職・サービス系)

・「化粧水と乳液はお風呂を出た瞬間につける! 眠くても化粧は必ず落とす!!」(23歳/医療・福祉/専門職)

女性を美しく引き立てるメイクですが、お肌にとってはこれも負担。家に帰ったらすぐにメイクを落とす! がベストです。どんなに疲れていても、メイクしたまま寝ないように気をつけて。クレンジングが面倒! という日のために、シートタイプのものやふきとりタイプのものなどサッと落とせるアイテムを用意しておくといいですね。

■まとめ

キレイなお肌を作り、保つためには、ただスキンケアアイテムにこだわればいい、というわけではありません。普段の生活習慣や、日常の行動の中にも、気をつけるべきことがあります。小さなことでも面倒がらずに実践して、美肌を手に入れたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月11日〜16日
調査人数:153人(22歳〜34歳の働く女性)

★あなたの肌状態は? すっぴん力をチェック

【診断】自分の肌に自信ある? 「すっぴん力」診断

お役立ち情報[PR]