お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

尽くされたいのに尽くしてしまう! 彼女とついつい不本意な関係になってしまった経験がある男性→43.1%

ファナティック

本当は男性に尽くされたくても、喜ぶ顔が見たくてつい尽くしてしまう経験はありませんか? 相手によっては、最初に思っていた関係とは違ってしまうこともありますよね。では男性にはそんな経験があるのか、アンケート調査をしたところ、意外な結果になりました。

Q.女性と付き合うと、本当は尽くされたいのに尽くしてしまう、または尽くしたいのに尽くされてしまうなど、なぜか思っている関係と違う関係に成る事はありますか?

ある……43.1%
ない……56.85%

4割以上の男性が「ある」と回答しました。意外に多い数字ですよね。ではどんなエピソードがあるのか、詳しく聞いてみましょう。

■亭主関白にしたかったのに

・「亭主関白だったのに家事を手伝うようになった」(33歳/商社・卸/営業職)

・「亭主関白でありたいのに、尻に敷かれてしまう」(32歳/運輸・倉庫/その他)

・「本当は亭主関白にしたいが、彼女が強すぎて自分がへり下ってしまう」(36歳/機械・精密機器/営業職)

「亭主関白」にしたかったのに、気付いたら家事を手伝ったり尻に敷かれてしまう男性も多いようです。主導権を握りたくても、彼女のほうが気が強かったり年上だったりすると難しいのかもしれません。

■尽くしてほしいのに

・「相手に好かれたいと思うから尽くしてしまう」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「ついつい、嫌われたくなくて尽くしてしまうようになってしまうことがあります」(35歳/食品・飲料/その他)

・「尽くしてほしい気持ちはいっぱいあるが、好きになってしまうと自然と尽くしてしまう」(31歳/情報・IT/営業職)

本当は「尽くしてほしい」のに、好かれたいという気持ちで尽くしてしまう、という声もありました。女性でも共感できそうなエピソードですね。「嫌われたくない」という気持ちは男女共通のようです。

■甘えたいのに

・「年上の人に甘えたいのに逆に甘えられてしまう」(23歳/その他/その他)

・「甘えたいのに、甘えられるのにまかせてしまう」(27歳/電力・ガス・石油/販売職・サービス系)

・「甘えたいと思ってるのに甘えられてしまう」(29歳/金融・証券/営業職)

年上の女性などに甘えたくても、逆に甘えられてしまうという声も多数ありました。男性にも甘えたいときはあるようですが、女性は男性に甘えることで安心感を得られるので、そこはグッとこらえてほしいかも?

■最初はそうでもないのに

・「最初は好きでもないけどハマっていく感じ」(37歳/小売店/営業職)

・「好きになってしまうとその人色に染まってしまう」(31歳/その他/その他)

・「はじめは、相手が自分を好きになったのに途中から自分の方が好きになってしまう!」(34歳/電機/その他)

付き合い始めの頃は彼女のほうが「好き度」が高かったのに、気がついたら自分の方が彼女にハマってしまう、という男性も。「好きな人の色に染まってしまう」は、女性だけではなく男性にもあるようですね。

■まとめ

最初に思い描いていた「彼女に尽くしてもらう」という関係ではなく、逆に自分が尽くしてもらうなどの経験をした男性は4割以上でした。中でも「尽くしてほしいのに、逆に尽くしてしまう」というエピソードには共感できますね。思ったようにいかないのが、恋愛の醍醐味と言えそうです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]