お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
デート・カップル

ぶっちゃけ、「男女の友情」は成立すると思う? 約7割の女性の回答は……

ファナティック

男女の間に友情は成立するのかどうか。よく議論される話題ですが、友情が成立するかしないかは、正直答えを出すのが難しい問題でもありますよね。身近にいる男友だちをずっと友だちとして見られるのか、それとも無理なのか……。そこで今回は、男女の友情について女性たちの本音をこっそり聞いてみました。

Q.男女の友情は成立すると思いますか?

「はい」……66.2%
「いいえ」……33.8%

男女の友情は成立するという女性が7割弱。意外にも男女の友情の絆は固いもの? ではどうしてそう思うのか、理由を聞いてみましょう。

<「成立する」と回答した人の意見>

■お互いを異性として見なければ成立する

・「お互いに恋愛感情がなければ、異性の意見を聞ける大事な人材となるから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「人として好きなら、性別に関係はなく、それ以上の付き合いはないから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「お互いを異性として捉えなければ成立すると思う」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

異性であってもそれを意識せずにいられる人はいるので、友だちとして関係を続けていくことはできる。人として好きになるのと異性として好きになるのはちがうものだと考えている人もいました。お互いに同じ考えでいられれば、性別を超えた大事な友だちとして長く付き合うことができそうですね。

■実際に男友だちがいる

・「実際に男友だちがいるので、成立すると思っている」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「友だちとしてしか見られない相手というのは存在するから」(23歳/小売店/事務系専門職)

・「実際男友だちは多いので、相手は結婚したりしているけれどいいお兄ちゃんみたいな感じ」(33歳/その他/クリエイティブ職)

男性だけれど自分にとって大事な存在と言える友だちがいる。実際に男友だちとの関係をうまく築いている女性は、自分の経験上、男女の友情は存在すると言い切れる自信があるようです。周囲の人にどう思われようと異性として意識せずに自然に付き合える男性がいるというのは、自分にとってもプラスになりそうですね。

では、男女の友情は成立しないという女性にも理由を聞いてみましょう。

<「成立しない」と回答した人の意見>

■友情が深まると、恋愛感情に変わってしまう

・「ある程度の友情はあると思うけど、深ければ深いほどないと思う。必ずどちらかが好きになる」(31歳/その他/クリエイティブ職)

・「まわりにはいる友だちもいるが、私は必ず男性に友だち以上を求められてしまって友だちでは終われない。だから、男友だちがうらやましい」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

いくら自分が友だちだと思っていても、女友だちの場合とは付き合い方も変わってくるし、完全に異性を意識しない付き合いは難しいという女性も。仲がよくなればなるほど、相手のよさがわかってきてだんだんと友だちという関係を超えた感情を抱くようになるのかもしれませんね。

■友だちになる時点で特別な感情があるから

・「異性として魅力がない人は友だちにもなれない」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「2人になるとそういう気持ちになることは充分あり得るから」(34歳/医療・福祉/専門職)

男と女である以上、2人きりになった場合は特別な感情がわいてくることは十分あり得るし、そもそも異性としての魅力がない人とは友だちにもなれないという意見も。男性に友だちとしての魅力を感じるということは、その時点ですでに異性として意識しているということなのでしょうか。

<まとめ>

実際に男友だちと呼べる人がいるから男女の友情は存在するという人もいれば、男友だちだと思っていても最後には男女の関係を意識させられるので友情は存在しないという人も。どちらも自分自身の経験から出た意見だけに、正論であることは間違いなさそうです。男女の友情が成り立つかどうかは、周囲から見ていてもわからない、当人同士だけが確認できる問題なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月6日~2016年5月11日
調査人数:133人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]