お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
デート・カップル

ぬれちゃっていいや! 名曲さながら、失恋して雨やシャワーに打たれた経験アリ? ナシ?

ファナティック

彼と破局してしまったとき、天候が、より悲しみに拍車をかけてしてしまうこともあります。そこで今回は働く女性のみなさんに、失恋して雨やシャワーに打たれた経験について、アンケート調査してみました。

Q.名曲さながら、失恋して雨やシャワーに打たれた経験は?

・アリ……3%

・ナシ……93%

・どちらとも言えない……4%

ほとんどの人は、失恋したときに雨に打たれたという経験はないようです。みなさん、それぞれのご意見を聞いてみましょう。

■経験アリ

・「どうでもよくなった。気持ちが落ち込みすぎて傘を持つのも面倒だったし、ぬれながら雨を見ていたほうが気分がよかった」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)
・「傘をさすのさえどうでもよくなった」(27歳/電力・ガス・石油/営業職)

・「別れた日、ちょっと雨だったけどそのまま帰った」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

雨が気にならなくなってしまうほど、気分が落ち込んでいるときもありますよね。中には自暴自棄な気持ちで、雨にぬれているケースもあるのかもしれませんね。

■経験ナシ

・「いくら大失恋しても、雨が降っていれば傘をさすと思う。女は意外に冷静なので」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「失恋して落ち込んでも、そこは冷静。雨に打たれたら風邪ひくし」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「自分に酔っている感じがするから。失恋したら何もできないと思う」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「涙を流してくれるので、雨に打たれたいと思ったことはあるが、そんなタイミングよく降ってくれたことはない」(33歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

失恋しても、ちゃんと傘をさすという人がほとんどですよね。その後のことを考えると、雨に打たれると大変ですものね。そういった点では冷静な人が多いのではないでしょうか。

■どちらとも言えない

・「失恋はしていないが、彼との別れの危機にあったとき、家族にバレないようお風呂で泣いた」(23歳/食品・飲料/営業職)

失恋に対する気持ちの入り方でちがうのかもしれませんが、ケースバイケースということもあるようです。周囲に家族がいたりすると、なかなか大泣きをすることはできませんよね。シャワーでごまかした人もいるようです。

■まとめ

ほとんどの女性が、失恋しても雨に打たれることはないという結果になっています。曲の歌詞と現実では、やはりちがうということかもしれません。そんな気分になることはあっても、現実はもっと冷静でいられるのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月27日~5月30日
調査人数:134人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]