お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

稼ぐ男性が「絶対にしないこと」6つ

未婚女性にとって、結婚相手となる男性の経済力は気になるところですよね。では、稼ぐ男性にはどのような特徴があるのでしょうか? 今回は、女性たちが思う「稼ぐ男性が絶対にしないこと」をアンケートで聞いてみました。

■交通費をケチる

・「交通費をケチる。時間も価値として考えると思うため」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「交通費をケチること。時間はお金で買うみたいな」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「バスに乗る。タクシーや車に乗るから」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

稼ぐ男性にとって、時間は1分1秒たりともムダにはできない大切なもの。仕事が忙しいからこそ、交通費をケチって、時間をムダにするようなことはしないと考える女性が多いようです。

■だらしのない格好をする

・「身だしなみを疎かにすること」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「破れた靴下、ボタンの取れかかったシャツ、糸のほつれた服などを着ないイメージ。いつもピシっとした格好をしていそう」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「だらしのない格好。ぴしっとしている」(26歳/医療・福祉/専門職)

人の第一印象を左右する身だしなみ。身なりがきちんとしていると、信頼度が増し、仕事上の人間関係もうまくいくというものですよね。仕事で上を目指し続けるなら、だらしのない格好は絶対にしないでしょうね。

■クーポンを使う

・「割引券の使用」(25歳/建設・土木/事務系専門職)

・「クーポンを使うこと。節約やケチ臭いことはしそうにないから」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「クーポン的なものやポイント系にまったく興味がなく、彼に遠慮して本当はポイントも貯めたいしクーポンも使いたかったのに使えなかった経験がある」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

居酒屋でのクーポン利用は、現代では当たり前のようになってきましたが、その小額の割引などにこだわらないのも、稼ぐ男性の特徴のひとつのよう。たしかにクーポンを探す時間すら惜しいと感じる人が多いのかも!?

■愚痴を言う

・「愚痴ること。愚痴るより、有益な情報を得るための会話をしていそう」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「人の悪口や仕事の愚痴を、まわりの人に話すことはしないと思う。そういう行為を、時間のムダだと考えていそう」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「愚痴や文句がすごく多い人。現状に文句ばかり言っている人はダメだな、と思うから」(33歳/不動産/専門職)

稼ぐ男性の中には、仕事で成功している人が多いもの。愚痴や文句ばかりで現状に不満を抱き続けているような人ではなく、すべての事柄を前向きにとらえ、成功のために努力する人こそ、出世して稼ぐ人と言えますよね。

■「お金がない」と言う

・「すぐにお金がないと言うこと」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「『お金がない』と言わない。実際あるんだろうけど……」(28歳/建設・土木/技術職)

・「『お金がない』と言わない。そういう人からはお金が逃げていきそうだから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

「言霊」という考え方があるように、口に出す言葉の影響力は意外とあなどれないもの。常に「お金がない」が口癖の人のところには、お金が集まってくるイメージはもてないですよね。

■人付き合いを疎かにする

・「人付き合いを疎かにする」(25歳/機械・精密機器/クリエイティブ職)

・「交際費をケチることはしないと思う」(32歳/自動車関連/技術職)

成功する人には幅広い人脈があるものです。忙しいからと人付き合いを疎かにするのではなく、人付き合いの中から成功につながるヒントを得るのも、稼ぐ男性の特徴なのかもしれませんね。

■まとめ

結婚を考えたとき、「この人で大丈夫かな」と迷う女性は多いはず。もし安定した生活を望み、男性にある程度の経済力を求めるなら、彼がこれらの項目に当てはまらないかどうかチェックしてみるのもいいかも。今はそんなに稼いでいなくても、将来性のある男性を見極めることができるかもしれませんよ。


(マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月8日~6月10日
調査人数:102人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]