お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

女は○○で落ちる!? この「テクニック」使えます

ファナティック

恋の駆け引き

好きな人ができたとき、ひたすら追いかけたとしても、あまりいい結果を生まないこともあります。そこで実践したいのがほどほど恋愛駆け引きです。今回は男性のみなさんに、「恋の駆け引き」がうまくいった経験談について、お話を聞いてみました。

■ほかの女性の話をする

・「ほかの女の子の話をさりげなくすることによって、ヤキモチをやかせて、こっち側がとても有利になった」(25歳/情報・IT/販売職・サービス系)

・「ほかの子に興味を持っていると思わせつつ、告白して成功した」(38歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「ほかの女の子にモテモテなんだよね~と、さらっとボソッと言ったらうまくいきました」(37歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

あまりにも相手がこちらに興味を持ってくれないときは、ほかの女性とも仲良くしてみせることも恋愛テクニックの一つかもしれませんね。自分だけが恋愛対象でないということを見せると、相手も少しあせってしまうのかもしれません。

■連絡を控えた

・「気がないふりをして連絡を絶って、向こうからさせること」(22歳/金融・証券/営業職)

・「あまり連絡をくれない彼女に、こっちも連絡しなくなったら、寂しがって頻繁に連絡が来た」(25歳/金融・証券/事務系専門職)

・「本当はめっちゃ寂しくて会いたいって思ってるけど、抑え気味に言ったり、回数を絞ったらちょうどいい具合みたいで、相手からそういうことを言ってくるようになった」(27歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

あまり連絡がこない相手には、あえて連絡を控えてみるのもいいかもしれません。追いかけると逃げたくなるのは人の習性なので、逆に逃げてみると追いかけてきてくれるかもしれませんね。

■会う頻度を減らす

・「忙しいふりをして、予定が合わないと言っていたが何とか都合をつけたアピール」(31歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「忙しい、会えない、と言い続けていたが、サプライズを仕掛けて楽しませた」(26歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「会う頻度を減らしてみると、会ったときにより時間を大切にしようと思えた」(23歳/機械・精密機器/技術職)

いつでも会うことができると思うと、つい恋人に対して冷たい態度をしてしまうこともあるものです。仕事で忙しいフリをして、会う頻度を減らすと、相手もあせってしまうのかもしれませんね。

■意外な一面を見せた

・「仕事をしているときとプライベートのときで髪型とかを変えて、ギャップを感じさせている」(29歳/警備・メンテナンス/技術職)

・「いつもはしない優しさを出すことで相手に新たな一面を見せる」(31歳/運輸・倉庫/その他)

・「グループで飲んでるときはクール、二人きりになれば優しい感じ」(27歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

相手に意外な一面を見せることで、ドキドキさせることもできるかもしれませんね。職場では普通に接していても、二人っきりでは優しくされると、やっぱり気になってしまいますよね。

■まとめ

男性たちに、恋の駆け引きが上手くいったエピソードを聞いてきました。いかがでしたか? 恋愛を成就させるには、好きな気持ちをぶつけるだけではなくて、たまには引いてみることも必要なのかもしれませんね!

(ファナティック)

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月28日~4月30日
調査人数:401人(22歳~34歳の男女)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]