お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「この女、ケチだなぁ」デート中に男性がドン引きしたエピソード・4選

ファナティック

気になる女性とは、まずデートをしてみて、それから付き合うかどうかを考えたいと思うのが王道ですよね。それで、これまで見えなかった一面が見えてくることも……。そこで今回は働く男性のみなさんに、デートしていて「ケチだなぁ」と思った女性のエピソードについて、聞いてみました。

■財布を出さない

・「財布を絶対出そうとしない」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「一切財布を出そうとしたい。形だけでもいいので見せてほしい」(31歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「会計のときに財布を出さない」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

いくら男性側から誘われているとしても、支払いのときはうそでもいいから支払うそぶりぐらいしてほしいようです。実際に支払いを求める男性であれば、次からのデートをどうするか考えればいいかもしれませんね。

■おごらせようとする

・「おごられて当然だと思っている人」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「100円くらいの細かいものまで全部おごらせようとする女性は、ケチにしか見えなかった」(36歳/情報・IT/技術職)

・「おごってもらって当然という態度」(37歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

どんなものもすべておごってもらおうとする女性は、男性からケチだと思われてしまうようですね。実際、男性がおごってくれるとしても、きちんとお礼の気持ちを伝えるなど、「おごってもらって当然」という態度に受け取られないような配慮が必要そうです。

■クーポンを使いたがる

・「クーポンやポイントカードの利用できる店に行きたがる」(35歳/建設・土木/技術職)

・「クーポン使えるとこにしか行かない」(31歳/自動車関連/その他)

・「クーポンを異常に持っている」(30歳/機械・精密機器/営業職)

いくら支払いがお得になるからといって、クーポンやポイントカードをデートで活用するのは考えものかもしれません。付き合いが長くなってきたカップルだと問題ありませんが、最初のデートからこうだと、少し考えてしまいますよね。

■安いところに行きたがる

・「安い店に行きたがる」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「お店選びで安上がりなところを選ぼうとしていたこと。せっかくなのにもったいないなと思った」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「メニューで安いものしか頼まない」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

常に安いお店ばかりに行きたがると、男性からすると自分に気を遣われているのか、それともただのケチなのか悩んでしまいそうです。自分に気を遣われているとしても、当然ながらあまり名誉なことだと思えないようです。

■まとめ

将来的に結婚を考えている相手の場合、金銭感覚がしっかりしている女性は魅力的にうつるものですが、まだ付き合う段階だと、ただのケチに思われてしまうかもしれませんね。最初のうちは、相手に任せておくぐらいにしたほうが、デートもスムーズに進むのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月22日~5月8日
調査人数:126人(22歳~38歳の男性)

お役立ち情報[PR]