お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 金銭感覚

10億円当たっちゃった! 女「海外旅行に宇宙旅行♪」男「投資とか」【男女の金銭感覚】

ファナティック

毎日懸命に仕事をしている社会人たちに、大きな夢を与えてくれるのが「宝くじ」です。1等前後賞合わせて10億円! なんて言われると……幸せを想像するのも難しいですよね。もしもあなたが幸運をつかめたとしたら、いったいどんなことに使いますか? 男女の金銭感覚に差はあるのかどうか、調査してみました。

■女性の10億円の使い道ランキング

Q.女性に聞きます。宝くじなどでもし10億円当たったら、まず何に使いますか?

第1位 貯金……28.4%

第2位 家・マンションの購入……23.9%

第3位 旅行……20.4%

第4位 ローン等の返済……10.0%

第5位 車を購入する……5.0%

■男性の10億円の使い道ランキング

Q.男性に聞きます。宝くじなどでもし10億円当たったら、まず何に使いますか?

第1位 貯金……26.1%

第2位 家・マンションの購入……19.2%

第3位 投資……8.4%

第4位 旅行……6,4%

同率第4位 ローン等の返済……6.4%

※第6位以下は省略

男女ともに、手堅く「貯金」が第1位となりました。男女の意見に差が見えるのは、第3位! 女性は「旅行」、男性は「投資」となりました。それぞれの詳しい意見もチェックしてみましょう。

■女性の意見

・「家族全員の口座に均等に預金する。すぐには使わない。お金は大切だし、浪費グセがつくのは嫌なので、それまでの収入の中で生活してどうしようもなくなったときに少しずつ使う」(33歳女性/金融・証券/事務系専門職)

・「まずは、大学時代の奨学金を返す。そして、納付猶予になっている年金保険料を支払う。その後、自分専用の車を買う。ほかに、自分の好きな書籍や服をたくさん買ったら、すべて貯金する」(32歳女性/医療・福祉/事務系専門職)

・「まず、仕事を辞めて、9億円は貯金して、今後の人生で生きていくために使う。1億円は、やってみたかったことを全てする。海外旅行や宇宙飛行など。10億円もあったらまず働くことをやめる。今後の人生を生きていくために貯金しておく。けど、1割はやってみたかったことをやって人生を満喫する。」(31歳女性/金融・証券/営業職)

・「車やブランド品など高額商品を現金一括で買う! 海外一周旅行に行く! 自分では絶対買えないものを買ったり、なかなか行けない場所に行きたい」(30歳女性/その他/販売職・サービス系)

定番の「貯金」や「家の購入」に続き、第3位にランクインしたのが、「旅行」でした。今の自分を満足させたい!という気持ちの表れなのでしょうか。ゆったりと旅行を楽しむためには、仕事の問題を解決する必要もアリ。10億円あれば、今後の生活にも不安はありませんから、本当の意味でのバカンスを楽しめそうですね。

■男性の意見

・「半分は貯蓄預金に回し、もう半分は投資信託などのリスクが高い金融商品に投資する。高額の金銭を有効に使用する方法を知らないので、金融機関に預けたいと思う」(35歳男性/医療・福祉/事務系専門職)

・「軽井沢に別荘を買う。優雅な毎日を過ごしたいからとおいしいものを食べたい」(33歳男性/食品・飲料/事務系専門職)

・「賃貸マンションを建てて増やすことを考えます。そのマンションに入居者がいれば家賃収入が入って来て増えるから」(33歳男性/その他/その他)

・「たいした額ではないが借金返済。そして貯金と運用に当てる。借金はさっさと無くしたいから。無駄に使うよりも現実的な固定資産がほしいので」(32歳男性/その他/クリエイティブ職)

・「ローンを組まずに一括払いで家を買って、会社を辞めて、国民年金を定年まで全額前納。死ぬまでに必要な金額を概算で計算してその2倍の額を確保した上で、残りは投資とかに手を出してみる」(31歳男性/人材派遣・人材紹介/技術職)

男性意見で目立ったのが「投資」です。たとえ10億円当たっても、使い切ればそれで終了! そんな事態を避けるため、さらに「上」を目指す方も少なくないようです。元手が10億円もあれば、手堅く運用しても利益は望めるはず……!? 超低金利時代だからこそ、攻めのプランも必要なのかもしれませんね。

■まとめ

こんな時代だからこそ!? 男女ともに非常に手堅い意見が目立ちましたが、その中でも「女性⇒日常の中の楽しみとしての手段」「男性⇒さらなる成長を遂げるための手段」と考える傾向があるようです。どちらの方が賢いのかは、人それぞれ。「もし当たったら、どうする!?」なんて会話を、カップルで楽しみながら発表を待つのも……夢があって良いのではないでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数女性201件男性203件(25歳~35歳の働く男女)

お役立ち情報[PR]