お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

時間の使い方で価値観CHECK!? 結婚相手にやっていてほしい趣味や習いごと11

ファナティック

結婚相手に望むことはいろいろあるけれど、休日や余暇をどんな風に使うのかは一緒に暮らすうえでも大事なことですよね。どんな趣味を持っているのか、将来のために習いごとをしているのかは、結婚後の生活にも影響がありそう。そこで今回は、働く女性が考える「結婚相手にやっていてほしい趣味や習いごと」について聞いてみました。

■一緒に楽しめるもの

・「登山が好きなので、登山を趣味にしてほしい。家族で一緒に登山を楽しみたいから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「スノースポーツ。冬に、一緒に楽しみたいから」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「海外旅行。私が大好きなので共通の話で盛り上がれるので」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

どうせ時間とお金を使うのなら、一緒に楽しめる趣味を持っていてほしいという女性は多いようです。仕事が忙しくて一緒に過ごす時間が短くても2人で楽しめる趣味があれば、共通の話題もできるし、2人でいられる時間も増えそう。子どもが生まれても楽しめるものなら、家族のレジャーとしてもぴったりですよね。

■体にいいこと

・「何か体を動かすこと。男の人はストレスをためやすいので、解消できるスポーツをしているといいなと思います」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「健康でいられるように定期的な運動をしてほしい」(23歳/その他/その他)

・「一緒にジム通いをして体を鍛えてほしい」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

結婚相手には健康でいてほしい。そう思う女性は、体を鍛えられるような趣味を持っていてほしいと思うようです。仕事に追われて運動不足になったり、生活が不規則になったりすると病気も心配だし、精神的なストレスもたまりそう。定期的な運動でストレスを発散しつつ、健康になってくれれば言うことなしですね。

■実益があるもの

・「財テク。何かあった場合に心配がないから」(33歳/その他/事務系専門職)

・「料理。たまに作ってほしいから」(34歳/商社・卸/事務系専門職)

・「英会話。仕事のスキルアップにもつながりそうだから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

家事に役立ったり、財テクにつながったりする趣味や習いごとは、まさに一石二鳥。投資したお金も元を取れたという気になれそう。男性が楽しみながらやっていることが自分自身の利益にもなるし、家計も助かると思えば、女性としても全面的に応援したくなりますよね。

■まとめ

結婚後の生活が楽しくなりそうな趣味や、女性としても助かると思えるものなら大歓迎のようです。ただ、結婚するからには「1人でできて、あまりお金のかからないもの。1人の時間が作れるので」(25歳/医療・福祉/専門職)、「読書。お金をあまりかけてほしくないから」(26歳/建設・土木/事務系専門職)というようにお金のかからない趣味がうれしいという女性たちの本音も。婚活の段階で、相手の趣味や習いごとを聞いておくのは結婚後の家計を安定させるためにも、重要ポイントかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月12日~4月21日
調査人数:157人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]