お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「仕事」or「恋人」! 彼に「大切にしてほしい」と思うのはズバリどっち?

ファナティック

恋人には、自分のことを「大切にしてもらいたい」と思うのは自然なこと。でも、相手にとって「大切なもの」はひとつだけではありません。ときには、自分よりも仕事を優先する彼だっていますよね。そんな、大切なものに対する優先順位にまつわる女性のホンネを知るべく、こんな質問をしてみました。

Q.仕事と恋人、彼に「大切にしてほしい」と思うのはどちらかというとどっち?

「仕事」……66.9%
「恋人」……33.1%

ドラマやマンガなどで聞くセリフで「私と仕事、どっちが大切なの!?」なんてものがありましたが、現代の女性の多くは「私より仕事を大切にして」と思うことは少なくないようです。それぞれの意見を見てみましょう。

<「仕事」派の意見>

■仕事を大事にして!

・「恋人と言いたいところだけど、やっぱり男の人にはお仕事をがんばってほしいから」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「恋人のために収入を減らすようなことは、よっぽどではない限りしてほしくない」(28歳/情報・IT/技術職)

・「やっぱり大事にしてほしいと思う。そこが最後には生きることに必要になってくるので。その上で恋人も大切にして欲しい」(28歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

約束を守れなかったとき、恋人に弁明はできても、仕事で約束を守れないと、弁明の余地はないように、恋人ならば許されることも、仕事では許されないことがたくさんあります。仕事の重要さをわかっているからこそ、仕事を大事にしてほしいと思うんですよね。

■将来のことを考えると……

・「結婚する人がちゃんと仕事をしてくれなかったら困る」(25歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「長い人生を考えると、仕事をがんばってくれたほうがうれしいから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「自分のことも大切にしてほしいけど、稼がないと生活できないので仕事を第一に考えてほしいです」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

将来的に結婚を考えている相手なら、家庭を大切にしてほしい、と思いつつ、仕事にもしっかり取り組んでもらいたいと思ってしまうことも。

<「恋人」派の意見>

■恋人を大切にできないようじゃダメ!!

・「仕事のために恋人や家庭を壊しているようじゃ人として半人前だと思う」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「家庭を大切にできない人は、いい仕事ができないと思う」(32歳/不動産/事務系専門職)

・「恋人のために仕事をおろそかにしろということではなくて、仕事だけが人生で大事ではないことをわかってほしい」(28歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

仕事第一で、恋人は二の次、という考え方を当たり前にしてしまう男性だと、少し心配になってしまう女性意見が寄せられました。

■大切にしてくれない人はイヤ

・「大事にされてると感じたほうが幸せを感じられる」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「仕事は大事にしてほしいけど、仕事関係の付き合いを含めて優先されるのは嫌」(29歳/その他/その他)

・「大切にしてくれない人とは付き合えない」(23歳/金融・証券/事務系専門職)

恋人に対する愛情がまったく感じられないようではダメ! という人も。仕事を大切にしてほしい気持ちもありつつも、自分に目を向けてくれることがないようでは、たしかに寂しい思いをし続けることになりそうで、嫌ですよね。

仕事と恋人は同じ価値観で比べることができないものです。しかし、この2つのどちらを優先すべきか一瞬でも考えたことがある人は男性に限らず、女性にも多いはず。どちらをどう優先し、大切にすべきか、恋人との将来を考えるのならば、選択を迫られたその都度、真剣に選んでほしいし、自分自身も誠実に選んでいきたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年3月14日〜17日
調査人数:139人(22歳〜34歳の女性)

※この記事は2016年04月16日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE