お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【女子のホンネ】彼氏に求める、これだけは譲れない価値観4つ

ファナティック

譲れない価値観

人にはさまざまな価値観があります。育ってきた環境がちがうので、価値観がちがうのも当たり前ですが、許せる範囲は限られているもの。極端な価値観の違いは後々問題になることもあるので、大きな差がないか、できれば事前に確認しておきたいですよね。男性と付き合うときに重視する価値観を社会人の女性に聞いてみました。

2人の距離感

・「距離感。ずーっと一緒だと必ずうまくいかなくなると思うので」(25歳/その他/その他)

・「わたしは彼氏とは週に1回は会いたいし、毎日連絡は取っていたいのでそういうのが一緒な人」(26歳/医療・福祉/専門職)

いつも一緒にいたいと思う人と、適度な距離感を保っていたい人とが合わないのは当然です。お互いが求める距離感を理解しないと、寂しさや息苦しさを感じるようになってくるかもしれません。いずれはそれが不満となって爆発してしまう可能性もありますよね。

金銭感覚

・「金銭感覚かな。ケチすぎず、浪費しすぎず。食事にお金をかける人が好き」(30歳/その他/その他)

・「金銭感覚。私が庶民派なので、あまり高級志向な相手だと疲れる」(30歳/その他/その他)

これから一緒に生活していくかもしれない相手、生活の基盤となるお金のことはしっかり話し合っておきたいですよね。お金をかけたいところと節約したいところが一致するかどうかがポイントです。

食べ物

・「食べ物の好みが似ていること」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「食の価値観は必要。食べたい分野が一緒じゃないとつらいものがある」(34歳/医療・福祉/専門職)

何を食べるか決めるときに、毎回意見がぶつかるようでは先が思いやられてしまいますよね。毎食、何種類もの料理を作るわけにはいきません。自分と好みが合わないのはもちろん、好き嫌いが多すぎる人も考え物です。

2人の力関係

・「男女の格差について。男尊女卑や亭主関白は絶対許せない」(31歳/その他/クリエイティブ職)

・「対等に付き合えること。一緒にいて楽で楽しいこと」(28歳/その他/事務系専門職)

どちらかに力が偏っていると、いずれ2人の関係にひずみが生じてきます。近年話題となっているモラハラも、対等な関係を築けていないがゆえのこと。彼の2人の力関係に対する認識は、普段の言動から推測するしかないかもしれませんね。

まとめ

すべての価値観が一致する人はそうそういませんが、これだけは譲れないというラインがありますよね。「これは合わない」と感じたら、ちがう男性に目を向けた方が賢明な場合もあるかもしれません。お互いを1人の人間として尊重し、相手の価値観を認め合える関係を築いていきたいですね。

(ファナティック)

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年2月26日〜2月29日
調査人数:404人(22歳〜34歳の女性)
※画像はイメージです

※この記事は2016年04月14日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE