お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

年上彼女あるある!? ちょっとしたときに感じる小さな悩み

ファナティック

同年代や年上の彼氏と付き合っているときには感じたことのない小さな悩み。年下彼氏と付き合っていると楽しいこともたくさんありますが、ちょっとしたことで悩んでしまうという女性も少なくないようです。今回は、年下彼氏と付き合っているときに感じる悩みについて聞いてみました。

話題が合わない

・「話していると話題が合わないときがある」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「流行にのれない。カラオケの選曲が違う」(28歳/情報・IT/技術職)

・「彼氏の友達に会ったとき、話が合わずジェネレーションギャップを感じてしまうことがあること」(26歳/自動車関連/技術職)

子どものころや学生時代にどんな経験をしたかが、彼と違い過ぎて話が合わないというのは、年上彼女ならではの悩みのようです。流行った曲や流行語などは、ほんの1、2年でもかなり違うものなので話題がズレることも多そう。過去はどうしようもないので、これから先に二人で作っていく思い出を増やそうと前向きに考えたほうが良いかもしれませんね。

彼よりも先に老けていく

・「年に勝てず、顔のたるみが気になってきたとき、彼におばさんと思われないかな、と思う」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「自分だけ先にアラサー、アラフォーになっていくことへのショック感」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「想像ですが、彼より老いが早いことはずっとつきまとうと思う」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

彼よりも先に老けていくことは年上彼女にとって避けられない事実。年齢を止めることはできないとわかっていても、彼から見てオバサンになっていくんだということに気づくと愕然としてしまうようです。せめて、見た目年齢だけでも若く保てるようにしっかりと肌やカラダのケアをしておくと、気持ち的にラクになれるかもしれませんね。

彼との距離感の取り方

・「年下の彼をうまくリードしてるつもりでも、彼が『偉そう』とか『うざい』『押しつけがましい』と感じてるんじゃないかという悩み」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「頼ろうとせず、『私が何とかしないと!』と思ってしまうこと」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「つい世話を焼いてしまいたくなるので、お母さんっぽくなっていないかと不安になる」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

彼を年下扱いして良いのか、それとも年齢を気にせず頼ってしまって良いのか、距離感の取り方で悩むという女性も。年上女性に甘えたいタイプの彼なのか、自分が男としてリードしていきたいタイプなのか、彼がどちらの関係を望んでいるのかによって少しずつ態度を変えていくと良いかもしれませんね。

まとめ

年齢が違うことは付き合う前からわかっているけれど、付き合っていくうちにあらためて年齢差を思い知らされるという女性は多いみたいです。年上だからといってお母さんのようになってしまう不安、彼よりも先に老けてしまうショック。どれも年上彼女ならではの悩みですよね。ただ、年上彼女のマイナス面ばかりを考えても仕方ないので「年上彼女だからこその良さ」に目を向けてみると前向きな気持ちになれるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年3月にWebアンケート。有効回答数167件(22~34歳の働く女性)

※この記事は2016年04月13日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE