お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

男にもいろいろあるんです……! 男性が婚活を決意するタイミング4選

若いときは、「いつか結婚できるだろう」とどっしり構えていたものの、あることがきっかけで、急に「結婚」に対して焦りを感じはじめた……という人も少なくないはず。では、それは具体的にどんなきっかけなのでしょうか。そこで今回は、男性のみなさんに「婚活を決意するタイミング」について、本音を聞いてみました。

周囲が結婚しはじめたら

・「まわりの友人の結婚ラッシュが続いたときに婚活を決意する。自分も遅れたくないため」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「まわりが結婚してきたころ、焦りから」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「まわりが結婚しはじめて独身が減っていくとき」(35歳/その他/販売職・サービス系)

まわりの友人や、会社の同僚の結婚が続いてしまうと、やはり結婚に焦りを感じてしまう男性は多くいる様子。自分ひとりが取り残されてしまったように感じ、婚活の必要性を感じはじめるのかもしれません。

年齢を考えて

・「年齢が高くなってくると、だんだん結婚を意識するようになるため」(36歳/自動車関連/クリエイティブ職)

・「年齢的にやばいと思ったとき」(38歳/情報・IT/技術職)

・「30過ぎたら。20代はまだしない気がします」(25歳/その他/販売職・サービス系)

自分の年齢を考えた場合、そろそろ真剣に婚活しないと、結婚できないかも……と怖くなることも。特に30代を超えたころから、だんだんと結婚を現実的に考える方も多いのではないでしょうか。

寂しくなって……

・「ひとりが寂しくなったら」(34歳/電機/技術職)

・「寂しさの限界を感じたとき」(27歳/自動車関連/その他)

・「寝つけない夜を過ごすときに、ひとりだと寂しいなと思い、婚活しなきゃなと思います」(36歳/農林・水産/その他)

彼女がいない期間が長く続いてしまうと、いつまでひとりで過ごせばいいのだろう、と寂しくなってくるものです。また、恋人だと別れてしまう可能性もありますが、結婚相手とは簡単に別れることなんてありませんよね。誰かにずっとそばで支えてほしいという感情が、男性に婚活を決意させるようです。

経済的に余裕ができたら

・「経済的に余裕が出てきたとき」(30歳/建設・土木/技術職)

・「生活が安定し継続できそうなとき」(37歳/医療・福祉/専門職)

・「結婚しても問題ない収入があり、そろそろ身を固める決意がついたとき」(32歳/食品・飲料/その他)

若いころは収入に自信がなく、なかなか結婚を現実的に考えられなかったけれど、年齢とともに経済的にも安定してきたら、そろそろ結婚を真剣に考えることができるようですね。

<まとめ>

自分の年齢や経済的な理由をきっかけに、男性は婚活を意識しはじめることが多いようです。自分の将来のことを考え、現実問題として結婚をリアルに感じたときこそ、男性たちの婚活に対するモチベーションがMAXになるタイミングなのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年2月16日~2月22日
調査人数:393人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]