お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

テクニックが……! 彼からのキスにびっくりしたエピソード3選

ファナティック

2人っきりのムードを盛りあげるために、キスは必須と言っても過言ではありませんが、全部が全部、うまくいくとは限りません。時には「えっ!?」とびっくりするようなキスもあるかと思います。今回は彼からのキスにびっくりした瞬間について、女性たちに調査してみました。

<彼からのキスにびっくりしたエピソード>

■人前でのキス

・「帰り際、突然、駅でキスをされて恥ずかしかった」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「道ばたの信号待ちでされたこと。夜だったからまだよかった」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

・「街中で突然キスされ、驚いていたら『かわいかったからつい……』と照れて言われてさらにびっくりした」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「駅の改札前でキスされたこと。人気は少なかったけど」(32歳/医療・福祉/専門職)

人目があると、びっくりしてしまうだけでなく、ちょっと照れてしまいますよね。うれしくないわけではなくても、できたら2人っきりの空間でしてほしい……と考える女性もいるのではないでしょうか。

■テクニックが……

・「意外にうまかったとき」(28歳/生保・損保/営業職)

・「ちゅっと音を出すのがうまかったこと」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「彼氏のテクニックがヘタクソだったんで悪い意味で」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「舌を激しく動かして、まったく気持ちよくないキスをされたこと」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

うまかったとき、下手だったとき、どちらの場合でも驚くことはあるようですね。前者はいいびっくりですが、後者はちょっと残念な驚きになってしまうかもしれませんね。

■○○が当たった

・「ヒゲが私のあごに当たって痛かったこと」(26歳/自動車関連/営業職)

・「勢いがつきすぎて歯が当たって痛かった」(31歳/情報・IT/技術職)

・「キスに夢中になりすぎて歯と歯をぶつけてしまい、口の中から血が出た」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

びっくりすると同時に、若干気持ちが萎えてしまう瞬間でもありますね。ぶつかった拍子に血が出てしまうようでは、キスで今までいい感じだった雰囲気も台無しになってしまうかもしれませんね。

<まとめ>

今回は、どちらかといったらマイナスな意味の「びっくり」が多く集まった結果となりました。できたらプラスの意味でびっくりしたいところですが、相手だって決して故意で驚かせているわけではありません。彼がキスで失敗しても、広い心で許してあげたほうがいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ。
 調査日時:2016年2月15日~2016年2月24日
 調査人数:136人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]