お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

お風呂&ベッドは要注意……!? お泊まりデートで発覚した、彼女のビックリ生活習慣4つ!

どんなに愛し合っている二人でも、生活習慣はそれぞれちがうものです。それをはじめて実感するのは、きっとお泊まりデートのときではないでしょうか。そこで今回は、彼女とのお泊まりデートでびっくりした生活習慣について、社会人の男性に聞いてみました。

お風呂でのあれこれ

・「風呂に入るまでに時間がかかり、上がってからも時間がかかる。風呂に入るのが面倒くさく見えてきたから」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「お風呂に入りながら歯を磨く。入浴と歯みがきは、別のものだと信じていたから」(28歳/人材派遣・人材紹介/技術職)

生活習慣のちがいが一番顕著に表れるのが、お風呂かもしれません。お風呂に費やす時間や入るタイミング、バスタオルの洗濯の頻度、お風呂でのケア項目など、完全なプライベートの時間であるために、ちがいが出るのは仕方のないことかもしれませんね。

ベッドは神聖な場所!?

・「着ていた服のままベッドに上がる。また服のまま寝る。ベッドや布団に外着のまま入るのは抵抗があるから」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ベッドのまわりの匂いをかぐ。匂いフェチとは聞いてたけど、枕やシーツの匂いまで犬のようにかぐのはびっくりした」(39歳/商社・卸/営業職)

彼の了承なく、普段着のままベッドに座るのは避けたほうがいいのかも。お風呂に入ってパジャマになってからでないと、ベッドに入るのは許せないという人もいるようです。中には匂いを楽しんでいる女性もいるようですが、度を過ぎると引かれるので気をつけたほうがよさそうですね。

それでぐっすり眠れるの?

・「化粧を落とさないで寝る。顔を洗わないで寝るなんて考えられない」(38歳/建設・土木/営業職)

・「風呂上がりにドライヤーをしない。髪の毛濡れたまま寝られない」(39歳/運輸・倉庫/その他)

質のいい睡眠を取るためには、寝る前の準備が大切。化粧を落とさなかったら枕に汚れがつかないか気になるし、髪を乾かさなかったら枕が濡れてしまいます。それよりも早く寝るほうが先決なのかもしれませんが、女性としてはちょっと美意識が低すぎかも。そのくらいの時間は確保してもいい気がしますね。

体は清潔に

・「夜には絶対に風呂に入らない。入ってもいいと思うから」(39歳/ソフトウェア/技術職)

・「毎日風呂に入らない。風呂は毎日入るもの」(35歳/運輸・倉庫/その他)

好みだったり、1人暮らしで水道光熱費を節約していたりなど、お風呂に入らないことには何か理由があるのかも。でも社会人としてもお風呂に毎日入るのは、言わずと知れたマナーのひとつですよね。

まとめ

生活習慣のちがいを目の当たりにしたときはびっくりしますが、よほどのことではない限り、だんだんと慣れていくものですよね。2人が一緒に生活するためには、お互いの生活習慣に対する理解が得られないと、付き合っていくことも厳しくなりそう。彼に引かれないためにも、ちょっと不安に思ったら確認することも大切かもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年2月にWebアンケート。有効回答数348件。22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]