お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

同性から見てもイタイ! 女友だちのドン引きアプローチ4選「ボーリングでパンチラ」「毎日待ち伏せ」

中澤美紀子/OFFICE-SANGA

「待っているばかりが恋じゃない」と、恋愛に積極的な女性は見ていて気持ちがいいですよね。ただし、何事もやりすぎは禁物。「いくらなんでも、それはないでしょ」と、同性の目から見ても、イタすぎるアプローチをする女性がいます。そこで今回は働く女性に、知人や女友だちに関するエピソードを聞きました。

強引に体の関係へ……

・「なんとか体を使って落とそうとする子」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)
・「ボーリングでパンチラしてセクシーアピールする」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「彼女持ちの男性の家に、普通に泊まりに行っていた知人にはドン引きした」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「胸をやたら強調している。本人の雰囲気や体型に合っていない服を着ていたとき。大根のような足(失礼)が短いスカートから出ていたときは、まわりも別の意味でかなり注目していた」(30歳/学校・教育関連/専門職)

とにかく先にヤルことをやってしまおうと、肉食女子全開で迫ります。実際、それっきりにならず、付き合いだすカップルもいるので、あながち失敗するとは言えません。ただし、そのままズルズルと付き合って、本当に幸せな未来が待っているかどうかは「?」です。

ストーカーのようなアプローチ

・「返事がなくても、とにかく毎日ラインを送ること。迷惑なだけだと思った」(31歳/建設・土木/事務系専門職)
・「押して押して押しまくり、相手の家を調べて、毎日ご飯作って玄関前で待ってたらしい」(30歳/金融・証券/事務系専門職)
・「毎日待ち伏せ」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「付き合ってもないのに、県外まで突然会いに行く」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

「押せばなんとかなる」の精神で連日、必死にアプローチ。向こうは迷惑に思っているのに、本人は「いつか振り向いてくれるはず」と妙な自信を抱いてがんばります。自分が同じ立場になったときのことを考えればいいのに、そういう発想自体ありません。

オトコなら誰でもいいの?

・「複数に同時アプローチ」(31歳/金融・証券/事務系専門職)
・「合コンで、その場の友だちを落とすこと。そこまでしてかって思った」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

彼氏と別れたばかりなどのタイミングで、急に一人になることが堪えられず、誰でもいいから新しい男性と付き合おうとする女性がいます。体目当ての男性からすれば、絶好のカモ。まわりの女性たちは心配するよりも、呆れかえっているはず。

普段と全然ちがう態度にギョッ!

・「好意を寄せている男性に『私、一人ではなにもできないの!』と言っていた後輩。『社会人なのに?』と思わず心の中で突っ込んでしまった」(31歳/金融・証券/専門職)
・「全部演技」(28歳/生保・損保/営業職)

好きな男性の前では計算ずくで、女性として魅力的な自分を演じます。普段の姿を知っている人間としては狡猾さに驚きますが、別に自分が実害をこうむるわけではないので静観……。付き合いだしてからもずっと演技を続けられるとしたら、それはそれでスゴイかも。

まとめ

周囲はドン引きしているのに、まったく疑いもなく自信満々でアプローチを続ける女友だち。片思いの相手にキッパリと振られるまで目が覚めなさそうだし、しかも振られるだけでは根本の原因を理解できないかも。それゆえ、また同じことを繰り返します。いつか術策にハマる男性も登場するのでしょうか……?

(中澤美紀子/OFFICE-SANGA)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数176件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]