お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性の本音! 彼女の親に気に入られる自信ある? Yes⇒○%

ファナティック

大人の恋愛では避けて通ることのできない親への挨拶。緊張するからなるべくなら避けたいと思う反面、そろそろ挨拶に行かなければ……と焦る気持ちもありますよね。彼女の親に会うとき、気に入ってもらえる自信の有無について、社会人の男性に聞いてみました。

Q.もし恋人の親に挨拶行くことになったとしたら、あなたは気に入ってもらえる自信はありますか? 自信のある無しと、その根拠を教えてください。

自信がある 28.4%

自信がない 71.6%

約7割の男性が「気に入られる自信はない」と回答しました。それぞれの理由を見てみましょう。

「ある」と回答した男性の意見

●社交的だから

・「自信はある。コミュニケーション能力は一般の人に比べるとあると思うし、周りからもよく言われるので」(36歳/情報・IT/その他)

・「一緒にお酒を酌み交わす」(34歳/その他/専門職)

不自然にごまをするわけでもなく、ガチガチに緊張するでもなく、ごく自然体でコミュニケーションを取ることができれば、精神的にも安定していて信頼できる男性だと捉えてもらえるでしょう。

●親世代のウケがいいから

・「いままでの彼女の両親に嫌われたことは無いので、根拠はないがそこまで嫌われないと思う」(37歳/機械・精密機器/技術職)

・「きちんとしたスーツを着て初対面は好青年に見えることには自信があるので大丈夫だと思う」(35歳/商社・卸/営業職)

今までの経験から親世代のウケがいいことを自負している人も。初対面では誠実さや清潔感が大切です。個性を主張しすぎず、無難に振る舞った方が得策かも。

「ない」と回答した男性の意見

●人見知りだから

・「あまり無い。人見知りが激しく、初対面の人と上手く話せないから」(36歳/印刷・紙パルプ/その他)

・「自信はない。面白い話題で意気投合できればよいのだけれども」(37歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

近年は何かとコミュニケーション能力の有無が問われますが、極端な人見知りの場合は相手も話す話題を見つけるのが大変になってしまいます。沈黙が心配な場合は、いくつか話題を用意しておくといいでしょう。

●気に入られない要素があるから

・「スキンヘッドで体がでかいので怖がられる。嫌われる」(38歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「あまりないです。もっといい職業に就けたら自信が持てる」(31歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

なんとなくですが、親世代が好む男性の姿ではないと自覚している人も。親も人は見た目ではないとは思いつつ、初対面の印象は今後の付き合いにも大きく影響を与えます。また、たとえ収入に問題がなくても、安定しない職業の場合は親が難色を示すことを心配する人もいるようです。

【その他】

●自信は半々?

・「自信は半々。バツイチ子持ちなので理解してもらえるかどうかが不安」(38歳/機械・精密機器/その他)

・「母親にはあるが父親にはない。父親にとっては娘をさらっていく敵という認識になってしまうから」(32歳/情報・IT/技術職)

自分の収入や容姿、性格に問題は感じていなくても、ちょっとしたことが気にかかるだけで親に気に入られるハードルは一気に上がってしまいます。親の生活によるところも大きいでしょう。

まとめ

彼女の親に会うときに緊張しない男性はまずいないでしょう。ですが親も娘の幸せを一番に願っている立場です。場合によっては厳しい評価を下すこともあるかもしれません。気に入られようとごまをすっても親は簡単に見抜きます。誠実に思いを伝え、娘を託せる安心感を持ってもらうことが大切です。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数348件(21歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]