お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム 出会い

「彼氏がいそうだ」と思われるのは女性にとって都合がいいこと? 悪いこと?

旅もしもあなたが恋人募集中なのに、「彼氏がいそう」という理由でアプローチされないのだとしたら、ちょっと悩んでしまいますよね? 彼氏がいそうだと思われることで、悪い虫を遠ざけるという効果もありますが、果たしていそうだと思われるのはいいことなのでしょうか。悪いことなのでしょうか。

「彼氏がいそうでいない人」の特徴

アンケート調査によると、彼氏がいそうでいない人の特徴には、「美人で性格も悪くないが、高嶺の花に見えすぎて近寄りがたい」という声や、「美人過ぎて敬遠する」「趣味に夢中過ぎる」という声が聞こえてきました。ある意味、褒めているようにも思えますがどうでしょう?
「美人過ぎる」なんて、うれしいお言葉。「趣味に夢中」というのも、自分のやりたいことがあって、生き生きとした印象を与えますよね。問題なのは、男性から見ると「彼氏がいそう」なので、恋愛対象外としてしまう部分。実際は彼氏などいないのに、勝手な思い込みで諦められてしまうのですから、美人さんは切ないでしょう。

男性はデート誘って断れるのが怖い

もしもデートに誘って、断られることになると男性のプライドは大いに傷つきます。そこで傷つく前に、あなたを吟味しているわけですね。もしも恋人がいれば、デートを断られる確率はグンと上がります。それに美人過ぎてデート中緊張しそうだとか、高嶺の花で相手にしてもらえないと思った場合でも、やはり誘うのはやめてしまうかもしれません。
男性は初対面での守備範囲はとても広いので、「この人も素敵、あの子もカワイイ」と心がときめきます。そこからデートへ誘うとなると、一気に勝率を考えはじめるので、恋人のいそうな人は避けてしまう可能性があります。

「恋人がいなさそうな人」とは雲泥の差

でも、考えてみてください。初対面で「この人、恋人がいなさそう」と思うのはどんな人でしょうか。きっと、男性のその人を見る目は、明らかに冷めているでしょうね。だらしない生活をしていそうとか何ごともルーズ、不潔、無節操、ズボラ……と恋人がいなそうな理由を挙げたら、とてもモテる人とは言い難いです。その点、恋人がいそうな人は、モテる人に見えているのです。

ではどうすれば誘ってもらえるでしょう

ここまでをまとめてみると、ルーズでもズボラでもなく、でもあまりきちんとし過ぎもNG。美人もいいけれど、美人過ぎると緊張するので、適度に声をかけやすい雰囲気があってほしい、ということになります。やはり天然美人が、多少抜け感があって人気なのもわかりますよね。
そして男性が「勝算があるかも!」と思えるように、あなたから恋人募集中であることをアピールしましょう。
相手は恋人がいないとわかれば勝率が上がるわけですから、声をかけやすくなります。その上で、ゆるキャラを作ってみたり、緊張させない雰囲気を醸し出すことですよ。

彼氏がいそうだからと言って、アプローチをやめてしまう部分、最近の男性はちょっと頼りないですよね。「奪い取ってやる!」くらいの気持ちがほしいところですが、今となっては草食系男子主流の時代。そこまで頼もしい人は、なかなかいないのかもしれません。
でも「恋人がいそう」と思われるのは、決して悪いことではないですし、しっかり「恋人はいないです」とアピールしておけば、後はお声がかかるのを待つだけです。

まとめ

また、あまりにも声がかかり過ぎてセーブしたいなら、改めて「恋人がいそう」という雰囲気、さらには「恋人がいなそう」な雰囲気を醸し出すのもひとつの手かも。この辺りを自在にコントロールできたら、恋人には困らなくなるかもしれませんね。「恋人がいそう」は褒め言葉だと思って。

鈴木ナナ

※画像はイメージです。

お役立ち情報[PR]