お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

誰か俺を癒して~! 未婚男子がふと孤独を感じる瞬間3つ

ひとりで暮らしていると、「なんだか孤独だな……」と思う瞬間ってありますよね。女性に比べてひとりに強そうな男性でも、そんなふと孤独を感じる瞬間があるって知っていましたか? そこで今回は、未婚男性が「孤独を感じる瞬間」について教えてもらいました。

病気で寝込んでいるとき

・「病気で寝込んでいるときはひとりがつらい」(32歳/その他/事務系専門職)

・「風邪で寝込んだとき。『このまま人知れず死ぬのか……』と思ってしまう」(39歳/その他/その他)

・「風邪をひいたとき。ツラい」(38歳/その他/専門職)

病気の苦しみは誰かに代わってもらえるものではありませんが、癒してもらうことはできますよね。ところが家にひとりでいると、ただただ苦しいだけ。風邪のときは心まで弱ってしまうので、「看病してくれる誰かがいればな……」と寂しくなってしまうものです

ほかの人の家族を見たとき

・「仕事帰りにマンションのそばを通るとき、窓から漏れるリビングの明かりと家族の笑い声が聞こえてくるとき。『俺もこんな風に家族を持ちたいなぁ』としみじみ感じる」(30歳/通信/事務系専門職)

・「子どもといる人を見たとき。差を感じる」(35歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

街を歩けばいろいろな家族に出会うでしょう。ひとりで暮らしているときほど、そんな家族が幸せそうに感じられたりしますよね。また、自分と同じ年ごろの人が妻や子どもを連れているのを目にしたとき、自分は独身だという現実を突きつけられた気がするのかもしれません。誰のせいでもないけれど、ふと孤独を感じる瞬間です。

休日やイベントの日を持て余したとき

・「クリスマスなどのイベントのときに、ひとりでいること」(28歳/情報・IT/技術職)

・「休日や祭日にひとりで外出するとき。昔はよかったが、最近はまわりがほとんど結婚しているのでなかなか遊び相手もいなくなり、ツラい」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「週末にすることがないとき。現在の自分には、仕事以外に気にすること・考えることがないという現実を思い知らされる。また、人との付き合いも仕事上のものしかなく、私生活を一緒に送る相手がいないことに気づく」(31歳/生保・損保/事務系専門職)

みんなが楽しそうにしているときに、自分だけ何も予定がないと寂しいですよね。そんな状況を自己分析すると、思考がどんどん暗い方向へ向かってしまうことも。大切な日を一緒に過ごす相手がいないことに孤独を感じている男性もいるようです。

<まとめ>

男性は孤独を感じにくいのかと思いきや、そうでもない様子。一見ひとりで生きていけそうな男性でも、誰かに側にいてほしいときはあるのでしょう。そんな男性の孤独を理解してあげるのも、婚活に大切なことのひとつかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年1月13日~1月18日
調査人数:202人(22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]