お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家男女の本音 生活

まだなおせる! 嫌われる「汚い女」の特徴と改善法

織田隼人(心理コーディネーター)

忙しい日々が続くと、部屋が荒れてきたり、かばんの中がぐちゃぐちゃになってきたりすることってありますよね。でも、どうせ自分の持ち物だし、まあいいや……なんて思っていませんか? そんな人は要注意! 男性に「汚い女」というレッテルを貼られているかもしれません。そこで、男性が彼女にしたくない「汚い女」の特徴を紹介するとともに、「汚い女」の心理や改善する方法について、心理カウンセラーの織田隼人さんに聞きました。

「汚い女」の特徴と人に与える印象

「汚い」とひとことで言っても、いろいろな特徴が思い浮かぶかもしれません。しかし、まわりの人が気になってしまう「汚い女」の代表例には、以下のものが考えられます。

・部屋が汚い女
・かばんの中が汚い女
・食べ方が汚い女
・字が汚い女
・言葉づかいが汚い女

どれもあまりいい印象ではないですよね。ではそれぞれ、どのような悪印象を与えてしまうのか、織田さんに解説してもらいます。

【特徴別】「汚い女」の印象

部屋が汚い女

部屋が汚い女性は、普段の生活スタイルが合わないな、と男性から思われる可能性があります。部屋が汚いということは、結婚や同棲をした場合にも同じような状態になると思われてしまいやすいですし、その状態が耐えられないと男性が感じたら避けてしまわれることもあります。

かばんの中が汚い女

かばんの中以外にも、いろいろなことの整理ができていない人、と思われやすいです。機能的な形で収納されている場合には「頭の中もしっかりと整理されている人」と思われますよね。それとは逆に、かばんの中が汚いと、「頭の中も情報が整理できていない」というように思われる傾向があります。

食べ方が汚い女

食べ方はマナーに関係することですので、育ちのよさを判断されることが多いです。その女性本人だけでなく、女性の家族やこれまでの成長の過程で出会った人に対しても、悪い印象を抱かれがちです。「あまりいい環境で育っていないのでは?」「あまりいい家族ではないのかな?」「あまりいい友だちがいないんじゃないか」などと思われてしまう危険すらあります。

字が汚い女

今の時代は字を書くことも減ってきましたが、それでも文字を書くときに字が汚いと「丁寧さがない人」と思われやすいです。字は急がず丁寧に描けば、そこそこの状態には見えるものです。丁寧を心がけずに書くことが増えれば増えるほど字が崩れていきます。したがって、「日常の丁寧さ」が字から判断されてしまいます。

言葉づかいが汚い女

特に初対面の人、仲よくなる前の人に対して丁寧さを欠いた言葉づかいをしている場合には「礼儀ができていない人」と思われてしまいます。仲よくなった相手に対して丁寧語がなくなるというのは、ある意味親密さの証なのでよいのですが、仲よくなる前から言葉を崩す人を見ると、男性はその人に対して「人との距離をとるのがうまくない人」「空気を読めない人」というように見てしまいます。

次ページ:男性が嫌いな「汚い女」って?

お役立ち情報[PR]