お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド イベント

魚大国・日本ならでは! 東京タワーの真下で「魚フェス」開催

出店メニューの一部

3月18日〜4月3日の間、東京タワー1階特設会場にて「魚フェス」が開催される。

春と福を招くお祭り「福寿草まつり」が2月20日から開催!

「魚フェス」は、2015年4月に実施された「日本魚祭り」のコンセプトを受け継ぎ、開催される。
初回にして35,000人の動員を記録した「日本魚祭り」は、太古の時代から「魚」と密接な関係を持ち、年間「魚」消費量が国民1人あたり28kgを超えると言われる日本独自の食文化や、魚市場の拡大と「日本の魚」を広く世界にアピールしていくことを目指して実施された。

「魚フェス」は、会場を「東の海(4月1日まで)」と「西の海(4月3日まで)」に分けて開催され、北は北海道、南は九州まで、日本全国津々浦々の自慢の魚メニューが登場する。

北海道からは「北海3種盛海鮮丼」や「肉厚ホタテ浜焼き&いかチャンチャン焼き」、山口県の高級素材「とらふく」を使った握り寿司、かき揚げのタワーがそびえ立つ静岡県の「海鮮かき揚げ丼」など、見た目にもインパクト大のグルメが勢揃いだ。
入場料無料、飲食代別途。食券は1枚700円で販売される。

(フォルサ)

お役立ち情報[PR]