お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド メイク

河北裕介に聞く! 男ウケメイクのコツは「○○体」

人気メイクアップアーティストの河北裕介さんがこのほど六本木ヒルズカフェ(東京都港区)で行われたコスメブランド「コフレドール」(カネボウ化粧品)の体験型ポップアップイベントに登場しました。“河北アニキ”として、アイドルグループ「AKB48」の小嶋陽菜さんや女優の佐々木希さんなど数々のモデルや女優から絶大な支持を誇る河北さんに今年の春メイクのポイントなどを聞きました。

春メイクのポイント

--今年の春メイクのポイントを教えてください。

チークもリップもシャドウも、青みピンクをどこかにワンポイント入れるだけでも今年っぽい春メイクになります。

--メイク直しはあまりしないほうがよいのでしょうか?

メイク直しをしなくていいのが一番ですよね。朝と同じ肌が理想ですね。

--あえてメイク直しをするとしたら……

リップをちゃちゃっとするくらいでいいのかな。さっとリップだけ直して(化粧室から)出てきてくれるのがいい、男目線で言うとね。肌をきちんと作れば何回も直さなくてよいので……それが理想的ですね。透明感のあるベースで肌をしっかり作るのがいいですね。

「男ウケ」するメイクって?

--ズバリ「男ウケ」するメイクを教えてください。

メイクが重たくないこと。自然に見えるメイク。デートのときはちょっとした赤を入れるのがいいと思います。「がんばってメイクしているな」ってわかっちゃうと男性は引いちゃうんです。自然体に見えるフェイク感のないメイクが一番いいと思います。肌をキレイに見せて重たく見えないのが大事ですね。

--アラサー女性がメイクで気をつけたほうがいいことは?

チークが多めの人が多いので、チークはなくしていったほうがいいと思います。

センシュアルな女性とは……

--「センシュアル」という言葉をよく使われていますが、センシュアルな女性とはどんな女性を指すのでしょうか?

こびない色気というのかな。知的でこびない色気。具体的に言うと、まゆ毛や肌のきれいさでアピールできるのが「いい女」だと思います。

メイク力向上に必要なのは……

--読者にメッセージをお願いします。

メイクは楽しんでやっていいんです。「これも使わなきゃ!」「あれも使わなきゃ!」と重たくするのではなく、一度断捨離してみて、自分に合うものを選ぶことが必要。今年の青みピンクのように、自分に必要なものを1個持っていればだいぶ変わってきます。みなさんメイクアイテムなどたくさん持っていると思うんですが、複雑に考えないで、一度断捨離してみて必要なものを選んでミニマムにメイクすると自分のよいところが見えてくると思います。

河北裕介さんプロフィール

1975年京都府生まれ。1994年よりヘアスタイリストとして活動開始。その後、ヘア&メイクアップアーティストとして、数多くの雑誌やカタログ、広告等で幅広く活躍中。これまで携わった女性誌のカバーは200冊以上で、常に時代の先を読み提案し続け、その卓越した技術、センスには定評がある。自身初のメイクアップ本『河北メイク論』(ワニブックス)が発売中。

(取材・文:堀池沙知子/マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]