お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

働く女子の本音! 職場の食事会はランチですませたい? 飲み会希望?

ファナティック

乾杯職場でおつかれ会や新年会が予定されることはありますよね。飲み放題のプランも気になりますが、できればすぐ終わる昼食時に開いてもいいような気がしませんか? そこで今回は女性のみなさんに、職場の食事会・飲み会に関する本音を聞いてみました。

Q.職場でおつかれ会や新年会をするとしたら、次のうち、どのスタイルが理想ですか?

・さくっとランチ会で終了!……61%
・仕事終わりに飲み会。終電までには解散。……38%
・仕事終わりに飲み会。終電逃してとことん!……1%

約6割の女性が「職場でおつかれ会や新年会をするとしたら、さくっとランチ会で終了!」を希望しているという結果がでました。続いて、それぞれの回答を選んだ理由を聞きました。

<「さくっとランチ会で終了!」派の意見>

お仕事ですから!

・「上司もいる場合には、ランチで十分。飲みたい人はそこで飲めばいい」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「あまりプライベートな時間を割きたくないので、ランチで十分」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

飲み会のていは成していても、上司や同僚のいる場だと仕事の一環みたいですよね。無礼講を鵜呑みにしてお酒を飲みすぎても危険です。そうであれば、いっそのことお酒なしのランチタイムでもいいのではないでしょうか。

夜の時間を守りたい

・「夜のプライベートタイムを邪魔されるのが嫌いなので」(23歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「アフターの時間まで会社の人と付き合いたくないので、気疲れしないランチタイムがいい」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

仕事のあと飲み会の予定があると、家に帰れないことを予想してため息が出ますよね。好きなドラマを予約し忘れていたり。ですがランチタイムなら、その後の予定は自由。夜に自分だけでゆっくりできる点が魅力的です。

<「仕事終わりに飲み会。終電で解散。」派の意見>

お酒は飲みたい!

・「次の日も仕事だから、支障がない範囲で楽しみたいけれど、お酒はマスト」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「お酒も軽めで早い時間に切り上げたほうが楽だから。もっと飲みたい人はそのまま飲み続ければいいと思う。そのほうが女性も参加しやすい」(25歳/食品・飲料/専門職)

週末に飲み会があると翌日から仕事という人も多いでしょう。ですから早めに切り上げたいけれど、お酒は飲みたい。そういう女性は終電で解散プランを希望しているようです。お酒が好きな人にとっては、食事だけだと物足りないですよね。

終電は確保したい

・「終電逃すまでは体力的に無理。ランチだと盛り上がりに欠ける」(27歳/情報・IT/技術職)

・「夜に時間をたっぷりとってやりたい。だけど翌日に響くから、終電までには帰りたい」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

週末に飲み会をして、翌日の午前中体調を崩す人が出たら気の毒ですよね。それに、終電を逃すと夜中さわぐことになりますから、体力を消耗します。若いうちならいいかもしれませんが、実際問題無理っぽい人は多そうです。

<「仕事終わりに飲み会。終電逃してとことん!」派の意見>

気心の知れた仲間と一緒にいたい

・「みんな仲がよく楽しい人たちだから」(26歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

いまどきはイヤがる人も多い職場の飲み会。ですが翌日も休みで、アットホームな雰囲気の職場の飲み会などであれば終電を過ぎても楽しめるかもしれませんね。一概に飲み会はイヤなものだと思わないようにしたいですね。

まとめ

さて、いかがですか? 職場の飲み会というと及び腰になる人もいるかもしれませんが、時間帯を早めるなどの工夫をすれば多くの人にとってハードルの低い飲み会になるかもしれません。出席率に悩んでいる幹事さんは参考にしてみては?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数150件(22歳~35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]