お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 節約・貯金

むしろ損しているかも!? “一人暮らし”でやりがちな「NG節約」とは?

世の中にあふれる節約術、金銭的に苦しい一人暮らしの女性にとって、つい試したくなるものばかりですが、家族がいるのと一人暮らしでは節約も若干勝手が違うようです。むしろ損しているかもしれないと感じる一人暮らしの節約について、社会人の女性に聞いてみました。

■こまめにスイッチオフ!が悲劇を生む

・「エアコンなどをこまめにつけたり消したりすること」(23歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「換気扇をこまめに消していたのに、ほとんど電気代がかからないと知ったこと」(34歳/農林・水産/事務系専門職)

一人暮らしをするなら電化製品の仕組みを理解しましょう。電気は単純に使っている時間で計算されるわけではありません。特にエアコンは設定温度まで上げたり下げたりするときに電力を多く使うものの、一定の温度を保つためにはそれほど料金もかかりませんよ。

■特売は一人暮らしの味方じゃない

・「野菜などを1個丸ごと購入すること。結局腐らせてしまう」(31歳/その他/事務系専門職)

・「食料品は大容量の方が単価が安くついつい買ってしまうが、結局使いきれずに賞味期限を迎えてしまうこと」(28歳/生保・損保/営業職)

節約しようと意気込んで、スーパーの特売やまとめ買いに走る人がいます。ですが冷蔵庫も小さく食べる人も一人しかいない一人暮らしでは必ずしも節約にならないどころか、ロスを出してしまうことも。食べ物を無駄にしないためにも食べる分だけ買ったほうがよさそうです。

■休日に張り切るのもほどほどに

・「ご飯を多めに炊いて小分けに冷凍しても、規則正しく毎日自炊をする人以外は冷凍庫がいっぱいになって結局は廃棄するから無駄になる」(31歳/その他/その他)

・「多めに作って冷凍か、何日間かに分けて食べるのではなく一食分ずつ自炊すること」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

一人暮らしを始めたばかりの頃、休日に張り切って料理を作っていませんでしたか? ですが一週間も同じ献立で食事を済ませるのは意外に苦痛です。まとめて作っても、そのときに食べたいものを優先してしまい、結局破棄することになってしまうかも。

■節約の代償

・「暖房器具を使わないようにしていたら風邪をひいた」(31歳/その他/その他)

・「ポイントサイトで稼ぐ。時間の無駄」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

冬場は光熱費がかかってしかるべきと考えましょう。無理に節約すると、医療費がかかってしまいます。また、忙しい現代では時間を無駄遣いしている暇はありません。タイムイズマネーであることを忘れずに。

■「節約のためには自炊!」の信ぴょう性

・「中途半端な自炊はしない方がかえって安上がり」(28歳/その他/専門職)

・「自炊よりお総菜を買ってきた方が経済的にいいときがある」(31歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

一人暮らしにおいては、かわいいキッチンで作ったおいしい料理をかわいい器に盛りつけて一人でカフェご飯を楽しむ……そんな生活は家計を圧迫することがあります。値引きシールが貼られたお総菜こそが一人暮らしの最強の味方かもしれません。

一見節約になりそうなことばかりですが、意外にもお金がかかっていることが多いようです。一人暮らしはどうしても固定費が割高なために大きな節約はなかなか見込めないのが現実。日々の細かい節約よりも、セールやクーポンを活用して家電や旅行など大きな金額のものを安く購入した方が割がいい節約になるかもしれませんね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数406件(21歳~34歳の働く女性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]