お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

態度を変えるなんてサイテー! 「コイツは信頼できない」と感じる人の特徴

森川ほしの/OFFICE-SANGA

良好な人間関係を築くためには、そこに「信頼」があるかどうかが重要。これは、仕事でもプライベートでも同じですね。信頼できない人とは一緒に仕事をしたいとは思えませんし、友だちや恋人になりたいとも思いません。それでは、一体どんな人がそう思われているのでしょうか? 世の女性たちが思う信頼できない人の特徴を聞いてみました。

■口先だけの人!

・「口ばっかりでなにも実行しない」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)
・「時間を、約束を守らない人」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「コロコロ考えが変わる」(26歳/その他/秘書・アシスタント職)

どれだけ弁が立っても、行動が伴わない人は信用できませんね。そういう口先だけの人は、自分が言ったことや、人から聞いたことについて、あまり覚えていないもの。コロコロ考えを変えて、周囲を振り回すタイプの人が多いような気がします。

■調子が良い人には要注意?

・「人によって態度を変える人」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「八方美人の人。大事な秘密は打ち明けられないなと思う」(24歳/食品・飲料/専門職)
・「表と裏で言っていることが違う」(27歳/情報・IT/事務系専門職)
・「『ここだけの話だけど』と言う人」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

相手によって態度を使いわけるというのは、大人にはある程度必要な能力だと言えるでしょう。ただ、それも度が過ぎれば、周囲からの信頼を失うことになりかねません。表裏のある性格の人とは、腹を割って話したいとは思えないですからね。

■いつも他人の話ばかり

・「自分のことを無駄に隠そうとする」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「人のことをやたら疑う人 。自分が嘘つきな人ほど他人を疑うから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「他人の噂話をしている人」(28歳/電機/営業職)

自分大好きで、いつも自分の話ばかり……という人も面倒ではありますが、「他人の話ばかり」という人も困りもの。特に、自分のことは話さないのに、他人の噂話は大好きというタイプの人と一緒にいると、いつか自分も噂話のネタにされてしまうかも?

知らないうちに「アイツは信頼できない」なんて言われてしまわないよう、日ごろの言動には十分注意したいですね。そのためには、どんな点に注意すべきしょうか? 信頼感がアップする話し方について、話し方講師の栗原君枝先生に聞いてみました。

■専門家のアドバイス

「やはり、自分の話をしない人は、信頼されにくいですね。噂話や又聞きの話ばかりを話題にして、いつも『~らしいよ』『~だってさ』と言っている人のことを信じて頼りたいとは思えませんから。人から信頼されるためには、ときには自分の話をして、意見を言うことも必要です。

また、愚痴や不満を頻繁に口にする人も、周囲からの信頼は得られないでしょう。本当に仲の良い相手にときどき聞いてもらう程度なら良いですが、不満や愚痴を周囲の人にまき散らしているような人は要注意。知らない間に、職場での自分の株を下げているかもしれません。

『でも……』が口癖になっている人も要注意です。自分の意見や発言に対して、『でも、それって○○ですよね』のように『でも』で返されてしまうと、その人は自分が否定されたように感じてしまうもの。自分のことを否定している相手に対して、信頼感は抱けませんよね。『でも』のような否定的な言葉ではなく、『はい』『そうですね』などの肯定的な言葉を使うように心がけましょう」(栗原先生)

噂話、愚痴、不満、否定的なフレーズ。筆者自身、あらためて日ごろの会話を思い出してみると、割と頻繁に口にしているような気がします。周囲の人からはある程度信頼されていると思って過ごしてきましたが、もしかすると、それはただの思い込み? 「アイツは信頼できない」なんて言われるのは嫌なので、これから十分注意したいと思います。

(森川ほしの/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数131件(22~34歳の働く女性)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]