お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

2位は“聴覚”、1位は? 五感の中で、女性が一番鈍いと思うものとは……

ファナティック

人間に備わっている感覚を総称して「五感」と言うこともありますが、五感の精度というのは人それぞれ得意不得意が異なります。生まれつきのものや環境によって、五感の能力は大きく変化するものです。そこで今回は、女性のみなさんにこんな質問をしてみました。

Q.五感の中で、自分が一番「鈍いな」と思うのは?

●1位「視覚」……42.4%
○2位「聴覚」……21.5%
●3位「嗅覚」……15.9%
○4位「味覚」……13.7%
●5位「触覚」……6.6%
※単一回答式。四捨五入の関係で、合計が100%ちょうどにならない場合があります。

■1位/「視覚」

・「見ているようで、全然見ていないことが多い」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「眼鏡がないと、何もできない」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「携帯電話、スマートフォンの普及によりだんだん目の疲労感に伴い、視力低下しています」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「裸眼では両目で0.04しかないので、眼鏡やコンタクトがないと見えにくい」(26歳/建設・土木/技術職)

スマホやパソコンのモニターを長時間見ることにより、視力が低下したと感じる人は多いみたい。ときどき遠くを見るようにするなどして、目の休息をとるようにしたいものです。

■2位/「聴覚」

・「電話などが聞きとりづらい」(34歳/その他/販売職・サービス系)

・「呼ばれても、気がつかないことが多い」(29歳/金融・証券/営業職)

・「爆音ロックを聞きすぎたので」(25歳/その他/クリエイティブ職)

・「楽器の聞きわけが苦手」(34歳/金融・証券/事務系専門職)

日常生活の中で、聴覚がイマイチ……と感じる人も。ほかにも、音楽鑑賞が好きな人も耳を酷使しているという自覚があるみたいですね。できるだけイヤフォンなどでは聞かないようにするなど、自分なりの対策は考えたほうがいいかも。


■3位/「嗅覚」

・「香りの強いものしか、ニオイのちがいがわからない」(27歳/自動車関連/事務系専門職)

・「花粉症のときは鼻づまり、頭がボーッとしてかなり鈍い。風邪を引いていても鈍い。普段は中の下」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「鼻炎持ちだから」(33歳/電機/技術職)

・「もともと鼻の調子が悪い」(29歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

鼻炎持ちの人ほど、自分の嗅覚に自信がないようです。鼻がつまると、ニオイがわからなくなるのがつらいところです。

■4位/「味覚」

・「隠し味に何が入っているかよくわからない」(33歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「味のちがいがそんなにわからない」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「料理をしても味に自信がないので」(30歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「味覚が鈍感で、なんでもおいしく感じるから」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

味覚に鋭敏だと、それだけ食事に対してあれこれ「ココはどうなの?」とこだわることもできますよね。さまざまな味のちがいを楽しむ、というのが難しいのはたしかに少しもったいないかも。でも、「何でもおいしく食べられる」というのは、それはそれで楽しいはず!

■5位/「触覚」

・「手が荒れ気味だから」(24歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「背中にいたずらの紙を貼られることが多かった」(33歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「冷え性だから」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

・「あんまりくすぐったくないので」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

触覚も人間にはなくてはならない感覚。鈍すぎると、思わぬ怪我をすることもありますからね。しかし、繊細過ぎても、触れたところが都度気になってしまったりして、ちょっと厄介です。

<まとめ>

1位は「視覚」という結果となりました! 視力の低下など、あきらかに数値となってあらわれるため、ほかの感覚に比べると劣っているな、と思う人は多そう。さて、あなたは、自分の五感の中で一番すぐれていないと思うものは何ですが?


(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2015年11月17日~11月18日
調査人数:410人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]