お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

アラサー女子が後輩女子にアドバイス! 「許されるのは、若いうちだけよ!」と今になって思うコト

ファナティック

耳打ち月日が経つのは早いもので、「つい、この前まで学生だったはずなのに、今じゃ……」なんて思ったことがある人も少なくないと思います。大人になると、時間が経つのがすごく早いんですよね。そして、大人になればなるほど、自分より若い世代に対し、思うところもいっぱい出てきます。後輩や年下の友達に「ああ、若気の至りってやつだなぁ」と呆れてしまった経験はないでしょうか?そこで今回はアラサー女性のみなさんに「許されるのは若いうちだけよ」と思う言動について聞いてみました。

■そんな服装ができるのは今のうち……

・「露出の多すぎる服装、安っぽい靴でかかとをカパカパさせて歩く」(31歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

・「ファッションや髪の毛の色が派手」(29歳/食品・飲料/技術職)

・「ギャルっぽい化粧。派手な色合いの洋服」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「ミニや露出が多い服。大人になれば年相応の服を着るべき」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

年齢を重ねると、ボディラインやお肌に対する自信云々よりも、TPOを考えてしまい、派手な格好、露出が多すぎる服装はできなくなりますよね。

■笑って許してもらえるのも今だけ……

・「失言。どんなことでもある程度なら、若さということで許される」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「ミスをしてもかわいい顔で申し訳なさそうにして許してもらう」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「間違えちゃってる発言と態度。大人になると、常識ない人はみっともないし、関わってもらえなくなるから。若いうちに色々失敗したらいいと思う」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

・「失言。上司にタメ語で接する」(29歳/医療・福祉/専門職)

「ごめんなさい!」と元気に謝って、周りが「いいよ、いいよ。次からは気を付けてね」と甘い顔をしてくれるのは、自分の年齢が若いから。年を重ねれば「何やってんの?」と冷たく怒られてしまいます。

■今のうちにチヤホヤされておきなさい……

・「色々な男性にごちそうしてもらえること」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「男性に媚を売ること」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「合コンでいいと思う人の隣をキープする」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「色々な男の人とデートする」(26歳/自動車関連/事務系専門職)

男性の選択肢が広いのも、若さがあるときに限られるのが一般的ですね。5年後、10年後も同じようにデートのお誘いがあるとは限りません。

誰しも若いときがあり、年長者に「若いから」という理由で大目に見てもらったことが多々あるはずです。だからこそ、自分が年を重ねてから、周りの年下の人たちの行動にも目をつぶっていられるというもの。時には、ついつい目くじらを立てたくなる気持ちもわかりますが、そういうときは自分の若い頃を思い出し、心を落ち着けて、大人の女性として余裕のある振る舞いを心掛けましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数250件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]