お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ファッション全般

なめてるとしか思えない……男性がドン引きした女性の冬ファッション9

ファナティック

冬ファッションを選び間違えると、せっかくのデートが台無しに! 年に一度のイベントがめじろ押しな冬だからこそ、洋服選びだけは間違えたくないもの。そこで社会人男性に「ドン引きした女性の冬ファッション」について聞いてみました。

■露出度が高いファッション

・「まるで夏服のような露出度の高いもの。セクシーには見えていいが季節に合わない」(36歳/運輸・倉庫/その他)

・「ミニスカートに生足。冬の寒さをなめてるとしか思えないので」(32歳/商社・卸/営業職)

・「冬でも短パンにタイツ。長ズボンはけよ!と突っ込みたかった」(32歳/食品・飲料/技術職)

露出度が高いファッションは、喜んでくれる男性もいればドン引きする男性もいて、選ぶのが難しい? 特に注意なのがミニスカートやショートパンツを選ぶとき。失敗したくない冬デートの前に、彼氏がミニ丈ボトムスにどう反応するかは確かめておいた方がいいかも?

■厚着しすぎもNG?

・「ロングコートにパンツ。そんなに寒い?と思ってしまった」(33歳/電機/技術職)

・「重ね着しすぎでモコモコしてる。ださく見えるから」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

一方、露出度が高いと引かれやすいからといって厚着で行ってしまっても、それはそれでNGなよう。ださく見える、なんて男性もいました。男性の好みは意外と難しい!? 露出も厚着も「ほどよさ」が重要なのかもしれませんね。

■ヒョウ柄のコート

・「ヒョウ柄のロングコート……どこかのセレブ気取り?とイタさを感じた」(33歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「柄パンでヒョウ柄のコートを着ること」(33歳/学校・教育関連/専門職)

ヒョウ柄のコートに引く男性はもしかしたら多い? 挑発的で色気がありすぎる柄は、押す力が強すぎて逆に男性を引かせてしまうことが。目に飛び込んでくるような柄物は、失敗したくないデートでは避けるのが無難なようです。

■派手な色も危ない

・「中学生が着ているような赤とか黄色のジャンパー。いまどきどこで買ったそれ???と言いたくなる」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「すごい派手な色合いのセーター。日本人の趣味ではないような赤などの原色をちりばめた色合いだったり」(32歳/通信/技術職)

目に飛び込んでくるような派手な色のファッションも、冬デートに選ぶのは危険かも……。「中学生みたい」や「日本人じゃないみたい」なんて思われてしまう危険性が。こう思われてしまったら最後、彼氏のデートへの集中力がなくなりそうな?

■まとめ

冬デートは年に一度の大イベントを一緒に迎える大事なデートも多いため、着ていく洋服の選び方だけは間違えたくないですよね。彼氏に引かれたくないなら上記ファッションを選ぶときは、コーデの仕方や彼氏の反応には十分にご注意を!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年10月にWebアンケート。有効回答数102件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]