お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

女性が仕事をずる休みしたくなるとき

中澤美紀子/OFFICE-SANGA

ずる休みしたいとき

上司への言い訳を考え、連絡するタイミングを考え……。イケナイと思いつつも、仕事をずる休みをしたくなることはありませんか? 実際に休むか否かは別として、どのようなときにそう思うのか、女性たちに意見を聞きました。

■男がらみのトラブル発生

・「彼氏に振られたとき」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「翌日、カレと旅行に行くとき」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「前日の夜に旦那とケンカして、翌朝目が腫れているとき」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

公私混同、私情を交えるのはよくないと思いつつ、恋愛関係のトラブルなどで精神的にまいってしまったとき。出社しても、業務をスムーズにこなせないかもしれません。女友だちに愚痴を聞いてもらって、なんとか踏ん張りたいですね。

■仕事する気になれず……

・「二日酔いで頭が全然動かないとき」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「すごく天気が悪くて、会社に着くまでにびしょぬれになりそうな日」(29歳/金融・証券/営業職)

・「土日に遊びすぎたとき。家の家事がたまってるとき」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「自分の時間が少なくてイライラしているとき」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

体調不良といっても病気ではなく、なんとなくだるい、イライラするとき。休む理由にならないとわかっていても、会社に行くのがいつも以上におっくうになります。「天候が悪い日は休みたい」という人もちらほら。特に寒い冬の季節は、その気持ちが顕著になりそうです。

■楽しみたいことがある

・「旅行に行きたいが、会社の人におみやげを買っていきたくないとき」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「セールの初日」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「行きたい舞台のチケットが当たったとき」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「ニコニコ生放送で見たい番組があるとき」(29歳/機械・精密機器/クリエイティブ職)

イベントなど、本人にとっては大事なことでも、会社の人には「なんで、そんな理由で休むの?」と言われてしまいそう。だから黙っていますが、行きたくてウズウズ。「平日にしかやっていないイベント」や「限定品の発売日」を挙げた人も。日頃熱心に働いているし、たまには大目に見てほしい!

■会社の人と顔を合わせづらい

・「上司に絶対仕事を押し付けられるとわかっている日」(33歳/自動車関連/事務系専門職)

・「苦手な人と仕事するとき」(28歳/運輸・倉庫/専門職)

・「仕事でミスして出社がゆううつなとき」(32歳/金融・証券/営業職)

職場でトラブルがあり、気分がかなりブルー。でも、一人の社会人として逃げるわけにはいきません。苦しいけれど現実を受け止めるしかないですね。また、理不尽に仕事を押し付けられても、相手が上司だと従うしかない!? なかなかツライところですが……。

■まとめ

ずる休みをして怖いのはバレること。終日、家にいるなら大丈夫ですが、街などに出掛けた場合、会社の関係者に姿を見られる可能性もあります。後日、問い詰められたら何も言えず、信用を失ってしまうことに……。ずる休みは計画的に、やりすぎないよう注意しましょうね。

(中澤美紀子/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数161件(22~34歳の働く女性)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]