お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 コーディネート

男性が「イタイ」認定する女性のファッション4選

ファナティック

いつまでもオシャレを楽しみたいと思う女性は多いですよね。ただ、できれば年相応のファッションを心がけたいもの。好きだからといって、ずっと昔から着ているような服装のままでいると、知らないうちにドン引きされてしまうこともあるようです。そこで今回は、社会人男性のみなさんに見ていて「イタイな」と感じる女性のファッションについて教えてもらいました。

■ミニスカート

・「30歳を過ぎてからひざ上のミニスカートをはいているのを見ると、痛すぎると思ってしまう」(28歳/情報・IT/技術職)

・「年齢をわきまえずに丈の短いスカートを着用する。人を不愉快にさせるようなことは慎んでほしい」(30歳/機械・精密機器/技術職)

・「ミニスカート。いつまでやるの? って」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

男性にとって女性がはいていたら喜ばしいミニスカートも、実は年齢相応でないと、あまりうれしいものではないみたいですね。ミニスカートを、若さの象徴と考えている男性は少なくない、ということなのかも。

■ゴスロリファッション

・「ゴスロリ。若い子しか似合わないだろうと思う」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「ゴスロリファッション。歳を考えようよ」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「ゴスロリ系の格好は若いころはいいが、年齢を重ねてからはちょっとイタイなと感じる」(28歳/金融・証券/専門職)

ゴスロリ系のファッションが似合う女性は、かなりのオシャレ上級者だと思われますが、年齢を重ねてもゴスロリは、男性からイタイと思われることが多いようです。

■フリフリの服

・「いい年してフリフリした格好。若作りしすぎだから」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「フリフリのついた服ばかりを着る。いい年して何のつもりなんだろうとしか思えないから」(36歳/情報・IT/技術職)

・「フリルだらけの服」(37歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

何歳になってもフリル大好きという女性は、多いものですよね。かわいいファッションスタイルが好きな人は、自然とフリルも取り入れたくなる気持ちもわかりますが、男性からの評判は、あまりよくないみたいですね。

■全体的に若作りしすぎ

・「若い世代の服装。似合っていると思っていてもまわりから見ると痛いだけ」(31歳/電機/技術職)

・「若作りしすぎなファッション。不自然すぎて似合ってない」(37歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「10代の女性が着るような服装。年相応に似合う服装があると思う」(29歳/医療・福祉/専門職)

いくら見た目が若いからといって、実際に若すぎる世代の服装を着ていると、言うまでもなく男性は引いてしまっているようです。年代にあったファッションを心がけたほうがいいかもしれません。

若々しさを演出するためにファッションから「若さ」あふれるスタイルにするのは一見いいことのように思えますが、年齢をまったく考慮しないような服装をし続けていると、周囲から浮いてしまうのも現実にはあるようです。男性から「イタイ」と思われないためにも、年齢に応じて、ときには大人の女性らしさを演出するファッションが理想的なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数103件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]