お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 生活

都市在住の新成人はクルマに興味あり!? 女性に人気の車は?

ソニー損害保険は、2015年11月21日〜11月30日の10日間、1995年4月2日〜1996年4月1日に生まれの「新成人」1,000名を対象に「新成人のカーライフ意識調査」を行い、その結果を公開した。

新成人同士で一緒にドライブに行きたい有名人、1位は「志田未来」─ ソニー損保調べ 

■新成人の半数は免許アリ

普通自動車運転免許を持っているか

普通自動車運転免許をもっているか聞いたところ、「持っている」と回答したのは全体の54.8%だった。

オートマ限定とマニュアルの比率(経年比較)

内訳では、「オートマ限定」が32.3%、「マニュアル」が22.5%で、男性は女性に比べて保有率が高かった。

居住地別では、都市部が44.1%、地方では58.2%となった。
「都市部」は、市や区における人口ランキングの上位都市8都市を指す。

■若者の車離れが回復傾向に

マイカー所有率(経年比較)

 

クルマに興味がある割合(経年比較)

全体のマイカー所有率は12.5%だった。

これを過去の調査結果と比較すると、2013年以降は下降傾向が続いていることがわかった。

一方、都市部のマイカー所有率は昨年比で3.4ポイントの上昇となっている。
車に対する意識についても、「車に興味がある」割合は全体では下降傾向が続いているものの、都市部に限ると2年連続で上昇傾向がみられた。

カーライフに掛けられるお金の平均額(経年比較)

カーライフに掛けられるお金の平均額についても、都市部と地方では異なる結果となった。

地方では昨年より1,000円以上下がっているものの、都市部では昨年比で2,000円近くの上昇となった。

■人気の車は男女差がくっきり

欲しい車の男女別ランキング

最後に、購入するならどの車が欲しいか複数回答で聞いたところ男性の1位は「BMW(3シリーズ/5シリーズなど)」で上位は海外メーカーの自動車やスポーツカーに、一方女性の1位は「タント(ダイハツ)」、2位が「アクア(トヨタ)」などトップ10は軽自動車やコンパクトカーが独占する結果になった。

(フォルサ)

お役立ち情報[PR]