お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

男子の本音! 「親友が結婚をしたら自分も結婚を焦る?」⇒約5人2人が「YES」

男性も女性も結婚適齢期になれば、自然とまわりが結婚ラッシュを迎えるもの。たしかに結婚はおめでたいことではありますが、親しい友人たちがどんどん結婚していくと「もしかして、取り残されてる……?」と焦る人も少なくないはずです。ところで、こういった「結婚に対する焦り」って男性にもあるものなのでしょうか? そこで今回は、男性たちの本音を聞いてみました。

Q.親友が結婚をしたら自分も結婚を「焦る」or「焦らない」、どちらですか?

「焦る」……42.2%
「焦らない」……57.8%

働く男性たちに聞いてみたところ、約4割の男性たちは多くの女性と同様に結婚に対して焦りを感じている様子。では、それぞれの回答を選んだ理由を見てみましょう。

<「焦る」派の意見>

■結婚できないのは自分だけ……?

・「なんとなく取り残された感があるから」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「自分はできるのかと思ってしまうから」(36歳/運輸・倉庫/その他)

・「ひとり遅れているのは、自分が劣っているように感じるから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

つい先日までは自分と同じ独身仲間だと思っていた友だちがいきなり結婚したら、やっぱり誰だってショックを受けるものなのかもしれません。自分だけ取り残されてしまったような感覚を覚えるのは、男女ともに一緒のようです。

■友だちが遊んでくれなくなるから

・「乗り遅れている感じがしているから。また、一緒に遊ぶ機会も少なくなると思うから」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「遊び相手がいなくなり暇になるので」(34歳/商社・卸/営業職)

・「ひとりぼっちになる」(30歳/自動車関連/技術職)

パートナーがきちんといるとわかっている相手を遊びには誘いづらいし、結婚すると価値観も変わってきてしまい、今まで通りに遊ぶのはきっと難しくなるのでは、と感じている男性意見も。ふと周囲に遊ぶ友だちがいなくなっていた瞬間に、結婚に焦りを感じる男性も多いのかもしれません。

では次に、「焦らない」と答えた男性たちのコメントを見てみましょう。

<「焦らない」派の意見>

■よそはよそ!

・「友だちは友だち、自分は自分と割り切っているから」(28歳/情報・IT/技術職)

・「自分は自分なのでマイペースに生きる」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「自分は自分のペースがあるから。急いでもいい相手と巡り合えるかわからないから」(32歳/ソフトウェア/技術職)

自分というものがしっかりある人は、他人がどんな行動をとろうが気にならないものです。焦って相手を見つけるよりも、じっくり相手を見極めたいからこそ、友だちが結婚しようがしまいが、自分の結婚観は大して変わらないという男性もいるようです。

■今のところ結婚に興味がない

・「結婚に興味がないから」(26歳/電機/技術職)

・「結婚がいいものとは思えないから」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

今の時点で結婚にはまだ興味がないという男性たちの意見もありました。たしかに、結婚は趣味や仕事など、自分がやりたいことに打ち込んだあとで……という考え方の男性も多いのかもしれませんね。

<まとめ>

「人は人、自分は自分だ!」とどっしり構えている男性もいる一方で、仲のいい友だちが結婚したら焦るという男性意見も。女性と同じように、男性も男性で自分の結婚について、思うことはさまざまあるようです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数128件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]