お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 レシピ

着やせテクはもう必要なし!? お肉を食べて簡単ダイエット

須賀いづみ

2016年の目標に「5kgやせる!」という目標を掲げた人はいませんか。クリスマス、忘年会、年末年始のイベントなどで、「気付けばジリジリと体重が増えていた…」という状況の人も多いのではないでしょうか。今の時代、まず心得るべきは、「食べてやせる」ということ!「着やせする服はどれだろう…」と洋服選びに頭を悩ませることもなくなりますよ。今回は、「ダイエットの敵」にもなりがちな、お肉を使ったダイエットレシピをご紹介します。

■ダイエット中でも食べたい! 太らないお肉料理を徹底解剖!

普段よりも外食の回数が多くなるこの時期は、体重や食欲のコントロールも難しくなります。しかし、いざダイエットを試みた時、食べたいものが食べられないストレスやリバウンドなど、課題は山積みですよね。そこでオススメしたいのは、鶏肉料理! お肉の中でも、高タンパク、低カロリーといわれている鶏肉は選ぶ部位や調理法次第で、ダイエット中の食事として大活躍してくれますよ。ダイエット中だからと言って、お肉を我慢する必要はありません。

■体を温めるお肉料理! 炊飯器で作るサムゲタン風スープ

韓国料理でも人気のサムゲタン(参鶏湯)。本場のサムゲタンは、鶏まるごと1匹の中に、モチ米や松の実、なつめなどを詰め込んだ煮込み料理ですが、今回はスーパーで手に入りやすい食材を使い、炊飯器のスイッチを押すだけの簡単レシピ! ここでのポイントは、お肉と一緒に薬味や野菜をたっぷりと入れることです。体を中から温めれば、代謝も良くなり、やせやすい体質作りにもなりますよ。

□サムゲタン風スープ

《材料/2人分》
・鶏手羽元:6本
・米:50g程(研いでおく)
・ネギ1本(斜め切りにする)
・きのこ類:適量(食べやすい大きさにカット)
・むき栗:6個程
・水600ml
・酒:大さじ1
・塩麹:大さじ1 (塩なら小さじ1)
・ゴマ油:小さじ2
・ショウガ:1欠片(すりおろす)
・ニンニク:1欠片(すりおろす)
・クコの実:適量
★ 唐辛子:1本(輪切りにする)
★ 万能ネギ:適量(刻む)

《作り方》
1.★の唐辛子と万能ネギ以外の材料を炊飯器に入れ、炊飯器の普通モード炊く。
2.炊きあがったら味を確認し、薄味だったら塩麹(塩でも可)で調整する。
3.皿に盛り付け、★も唐辛子と万能ネギを飾り、完成!


■物足りないと言わせない! ダイエット中のお肉料理

ヘルシーと言われる鶏肉ですが、中でも特にヘルシーなのが、鶏胸肉! 鶏もも肉に比べたら、少しパサっとして物足りない印象がありますが、調理法や味付け次第で、しっとりふっくらした一品に仕上がります。また、肉類の中でも脂肪が少なく水分が多いので、消化吸収の効率の良さも特徴! この時期の食べ過ぎや、飲み過ぎで胃腸の調子が良くない時にもオススメの食材です。ダイエット中だからと言ってお肉料理を諦めず、上手に取り入れられるといいですね。

□鶏胸肉の野菜ロール

《材料/2人分》
・鶏胸肉:1枚(250~300g程)
・人参:1/2本(1cm角くらいの細切りにする)
・アスパラ:2本(下1/3くらいをピーラーで皮むきする)
★醤油:大さじ2
★砂糖:大さじ2
★みりん:大さじ2
★酒:大さじ2

《作り方》
1.★の調味料を合わせる。
2.鶏胸肉を観音開きにする。
3.人参とアスパラは下茹でする。
4.ラップの上に、2の開いた鶏肉を広げ、軽く塩コショウをする。その上に3の野菜を並べ、きつく巻き、巻き終わりを下にする。(巻きがゆるいと感じたら、つまようじで差して固定すると良い。)
5.フライパンに少量のオリーブオイル(分量外)を熱し、4の巻いた鶏肉がゆるくならないようにしっかり持ち、巻き終わりを下にし、中火で焼く。
6.巻き終わりの面に焼き目がついたら、ゆっくり転がしながら全体的に焼き色をつけていく。全体的に焼き色が付いたら、酒大さじ2くらい(分量外)を加えフタをし、2~3分程蒸し焼きにする。
7.1で合わせた調味料を同じフライパンに加え煮詰める。お肉全体に煮汁を絡め、煮汁にとろみがついてきたら火を止める。
8.お肉を輪切りにして盛りつけ、フライパンに残った煮汁をかけたら完成!

■終わりに

いかがでしたか。ダイエット中でも、お肉を食べながらダイエットが出来たらストレスも軽減されます。上手に調理してお肉もダイエットメニューにしてしまいましょう!

(須賀いづみ)

お役立ち情報[PR]