お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

刺激的なのがイイ!? 「危険な恋」にハマる女性の実態とは?

ファナティック

恋は必ず楽しいものとは限りません。穏やかで安心できる恋を求める人が多い中、さまざまなリスクが高い恋を好んでする人もいます。そんな「危険な恋」について、女性のみなさんにこんな質問をしてみました。

Q.あなたは「危険な恋」にハマってしまいがち?

はい……17.4%
いいえ……82.6%

約2割の女性が、自分のことを「危険な恋にハマりやすい」と思っているようです。くわしい理由を、教えてもらいました。

■スリルがたまらない

・「危険な恋はハラハラドキドキ感が増して好き」(31歳/医療・福祉/専門職)

一筋縄ではいかないような「危険な恋」は、それだけスリルを感じることも多いですよね。そんなハラハラ・ドキドキ感がクセになってしまっている!?

■刺激的な恋愛がしたい

・「刺激的なほうが興奮する。会社の先輩と職場恋愛を楽しんでしまった。社内恋愛禁止のキッチリした社風なので、バレないかドキドキした」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

ダメだと言われていると、なぜかしたくなる……という女性もいるようです。いつもドキドキしているため、マンネリとは無縁の恋になりそうですが、それだけ苦労も多そう。

■性格的に、ハマりがち

・「ドラマで、そういうのにハマる傾向があるから」(26歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

・「焦っているので、何でもOKと思ってしまいそう」(30歳/学校・教育関連/専門職)

ドロドロとした恋物語を描いたドラマが好きな人は要注意。心のどこかで危険な恋にあこがれている可能性があるかも!? また、恋愛に対する焦りが危険な恋につながってしまうことも……。

■それでも、危険な恋は幸せになれない

・「危険な恋は、そのときの自分の状況に酔っているだけ」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

危険な恋はあまり実りの多いものとは言えないよう。幸せになるための寄り道ならまだいいけれど、だんだんと寄り道ばかりもしていられない状況になってきますよね……。

<まとめ>

危険な恋ならではの「刺激」がクセになり、なかなかやめられない人もいそうですが、その恋で疲れきってしまったりすることだって否定できません。もし、自分にとって「素敵な人だけど、この恋は危険かも!」と思うような状況になったときは、一度じっくり考えてみたほうがいいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数121件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE