お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

財布も体もあったまる♪ 節約鍋レシピ11選

ファナティック

鍋物が恋しい季節になりましたね。鍋は食材を余すことなく使えるので、節約にもぴったりの料理です。そこで今回は「節約鍋レシピ」と題して、節約食材を使った鍋物のレシピを、働く女性のみなさんに聞いてみました!

豆腐、もやしでおいしくヘルシーに!

・「豆腐や野菜をたっぷり入れる」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「もやし、豆腐を入れた寄せ鍋」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「湯豆腐に勝るものはないです」(30歳/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)

多かったのは「豆腐」「もやし」などを使った鍋物レシピでした。豆腐はお腹にもたまるし、安いので使いやすいですよね。もやしもたくさん入れればカサ増しになるし、スープを吸っておいしくなるので鍋物には欠かせない存在です。

鶏肉はバリエーションも豊富

・「肉は、鶏肉を入れる」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「手作りの鳥だんごを作るとリーズナブルに済ませることができます」(31歳/その他/その他)

・「ウインナー、鶏肉。お肉の中では安い方。魚介類は結構お金がかかるので冷凍物にするなど」(33歳/学校・教育関連/専門職)

寄せ鍋などに肉団子を入れることは多いと思いますが、肉の中でも比較的安い「鶏肉」を使うというレシピもありました。売っている鳥だんごより、鶏肉のミンチを買ってきて自分で鳥だんごを作った方が節約になりますね。

きのこ類、白滝、白菜でかさ増し!

・「きのこ類は割と値段が高騰せず安定してると思う」(31歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「白滝は大体値段が一定で安い」(26歳/運輸・倉庫/営業職)

・「白菜はヘルシーだし、カサがあるのでちょっとでも満足できる」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

価格の変動が少ない「きのこ類」「白滝」を使うという人も。エノキやしめじなどは量もたくさん使えるし、白滝は鍋物にはぴったりですよね。白菜はボリュームが出るので、量が少なくても満足できるのがうれしいところです。

簡単うまうま鍋レシピ

・「白菜・もやし・豚肉をコンソメで茹でれば簡単お鍋の出来上がり」(32歳/生保・損保/販売職・サービス系)

・「おじや風リゾット。少ないご飯の量でたくさん作れるので節約に。味も途中でトマトを追加してイタリアン風に変えられるので飽きません」(23歳/金融・証券/事務系専門職)

具体的なレシピとして「白菜、もやし、豚肉をコンソメでゆでる」や「おじや風リゾット」などがありました。コンソメ一つで鍋物になるのは簡単でいいですよね。おじや風リゾットは味を変えれば、飽きずに何日も食べられるので節約になりそうです。

まとめ

「節約鍋レシピ」を働く女性のみなさんから聞いてみたら、安くてボリュームのある食材を上手く使った鍋料理のレシピが挙げられました。どれも簡単でおいしく、節約にもつながるレシピばかりでしたね。今度鍋をするときは、ぜひ参考にしてください!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数175件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE