お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

細すぎる女性は男ウケが悪い!? 細く見えすぎないための着やせテク

ファナティック

みなさん着やせテクは活用してますか? 細くはみせたい、でも細くみえすぎるのもNG、となかなか難しいのが着やせテク。細くみえすぎないように見えるようにするにはどうしたらいいのでしょうか。女性のみなさんに実際にしているテクニックを聞いてみました。

羽織を活用

・「パーカを羽織る」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「マントを着る」(25歳/農林・水産/クリエイティブ職)

・「ふんわりしたカーディガンを羽織る」(28歳/ソフトウェア/技術職)

カーディガンやパーカなどの羽織を着、体のラインが目立たないようにすることで、程よい着やせ効果があるという声が。冬場には、防寒対策にもなり一石二鳥です。

あえて膨張色を着る

・「白を着る」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「大人ピンクを着て抜け感を出す」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「やわらかい色を入れる」(32歳/その他/その他)

白やピンクなどの淡い色、いわゆる膨張色をあえて着ることで細くみえすぎないようにするという人も。女性らしいやわらく優しい印象にもなり、オシャレ感も高く、周囲からも好印象なこと間違いなし?!

トップスとボトムスに差を

・「上下どちらかはゆったりした服を着る」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「上がふっくらした服なら下はスキニー」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「上下どちらかにボリュームを持たせる」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

トップスとボトムスともに細身のものを着るのではなく、ニットにレギンスを組み合わせるなど、どちらか一方にはボリュームを持たせることでバランスをとるという人も多く見られました。

部分的のボリュームを

・「タートルネックで首周りをふっくらさせる。痩せ過ぎが目立たない」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「お尻を膨らませる」(32歳/その他/事務系専門職)

・「部分的にボリュームを作る」(33歳/その他/その他)

タートルネックを着て首元をふっくらさせたりと、部分的にボリュームを持たせることでそこに目線をもっていくことで、程よい着やせ効果があるという意見が。

胸元を強調

・「胸元にボリュームのあるトップスを着る」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「バストを強調する服を着る」(25歳/建設・土木/技術職)

・「下着で工夫する」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

着やせで一番気になるポイントはやはり「胸」ですよね。胸元を強調するような服を着たり、盛ってみたりと「胸」が痩せて見えないように努力する人は多いようです。また、下着で工夫をするという人も。

まとめ

女性としては細くスタイルをよく見せたいものです。しかし細すぎるというのも不健康そうに見え、印象が悪いという声も多々耳にします。大事なのは全体のバランス。全てに着やせアイテムを用いるのではなく、部分的にボリュームを持たせて視線をそちらに誘導をする着やせテクなどの、程よい着やせで、周囲の注目を集めましょう!

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数126件。22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE