お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 キレイの秘密

女性が、日々の動作に組み込んでいるエクササイズ3選

ファナティック

体を引き締めるためのエクササイズをしようと決意してもいざとなると「時間がなくて……」なんて、先延ばしにしてしまうことってありませんか? そんなときは、家事の合間やオフィスでの仕事中にもできるようにエクササイズを日常的な動作に組み込んでしまうのが正解。今回は、手軽にできて効果バツグンの「日常動作に組み込めるエクササイズ」を女性たちに教えてもらいました。

■エレベーターをやめて階段に

・「エスカレーターやエレベーターの代わりに階段を使用している」(27歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「階段は常にかかとを浮かせて、つま先に重心を置いて登る」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「エレベーターを待っている間に、腰をひねるなどちょっと運動する」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

毎日使うエレベーターを階段に変えるだけで消費カロリーもアップするし、脚の筋肉も鍛えられますよね。また、エレベーターを待っている間にウエストひねりなどの運動を取り入れてみるだけでも、効果は必ずあらわれるはず。

■歩くときは早歩き

・「歩くときは早歩き。足の筋肉を鍛えられるし、カロリーも消費する」(24歳/食品・飲料/専門職)

駅から自宅まで、買い物に行くときなど歩く機会は多いですが、歩き方を早歩きに変えるだけでもエクササイズに。猫背になってたらたら歩いているよりは背筋を伸ばしてさっそうと歩いているほうが見栄えもいいし、全身運動の効果も得られそう。

■家事の合間やリラックスタイムに

・「子どもを抱っこしながらのスクワット」(31歳/学校・教育関連/専門職)

・「ドライヤーで髪を乾かしながら足上げ」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「キッチンに立つときにつま先立ちしてカロリー消費を期待しています」(23歳/通信/秘書・アシスタント職)

・「テレビを見ながらクッションをももに挟んで、内ももを鍛える運動をする」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

家事の合間やリラックスタイムなど、家でのスキ間時間を活用している女性も。毎日、必ずすることだけに、習慣にしてしまえば効果がありそうだし、何よりも面倒がってやらないということがなくなりそうですね。

部分痩せは難しいけれどパーツごとの引き締めは、気になる部分を集中的にエクササイズをすれば効果が出るもの。忙しい中で続けるのなら「ながらエクササイズ」が一番! 毎日の通勤時間や家事の動作にプラスするだけでたるんだ体をキュッと引き締められるならやってみる価値ありますよね。食事制限だけのダイエットだと体重が減っても見た目は変わらずとかやつれてしまったなんてことにもなりかねないので、簡単にできるエクササイズで健康的で引き締まった体を手に入れてくださいね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数187件(22歳~34歳の働く女性)

みんなが読んでる人気記事 キレイの秘密