お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

見事カップル成立! 恋のキューピットになったエピソード12

ファナティック

ハート自分の恋を成就させることはもちろん楽しいことですが、自分の親しい人や、大切な人が幸せになるための「恋のキューピッド」になることも、また違った楽しさがありますよね。自分が引き合わせた二人が幸せになってくれたら、自分まで幸せになれるというものです。そこで今回は女性たちに、恋のキューピッドになった経験について聞いてみました。

合コンで

・「コンパを開いて幹事をして、そこで誘った友達同士がくっついて結婚した。そしてその結婚式に幹事の二人も呼ばれ、式で紹介された」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「会社の先輩と合コンを開き、無事カップルが成立した」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「合コンで女の子を集めなくてはいけなくなって、だまくらかして一人誘ったら、その子が合コンで彼氏をつくった」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

・「男友達のために合コンを開いたら、自分の同僚の友達と付き合い始めた」(31歳/金融・証券/専門職)

合コンは出会いの場。自分が幹事をした会で、素敵なカップルが生まれたら、やっぱり嬉しいですよね! 自分にも素敵な出会いがあれば、さらに嬉しいのですが……。

偶然に……

・「自分が行っていた接骨院を友達に紹介したら、そこの先生と友達が結婚することになった」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「女3人でスノボに行き、私だけ全部レンタルした。レンタルのお兄さんとゲレンデで会って4人で滑り、スノボ好きの女の子とレンタルのお兄さんが仲良くなり、結婚しました」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「サークルに女性の同僚を誘ったら、久しぶりに再会した人と付き合うようになった」(33歳/その他/クリエイティブ職)

特に他意はなかったはずなのに、偶然が重なり、恋のキューピッドになることも。こういう出会いもあるものなんですね。

友達を紹介

・「自分の友達と夫の友達を紹介したことがある。お似合いだと思ったので」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「友人に紹介したら付き合い始めたときは嬉しかった」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「友達の好きな人にその子の良い部分をたくさん伝えた」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「高校時代の友達に、彼女(私の大学時代の友達)を紹介してあげて、うまくいき、結婚した」(28歳/学校・教育関連/専門職)

「この二人なら絶対に合う!!」と思う友達同士を引き合わせ、恋に発展……まさにキューピッドです。大切な人の幸せは、自分の幸せでもありますよね。

恋のキューピッドの役割は、とにかく二人に出会いのチャンスを与えること。そこから先まで干渉しすぎると、出会ったばかりのふたりにとって、ちょっとうるさい存在になってしまうかもしれません。程よい距離感で見守ってあげたいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数209件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]