お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

結婚式を挙げるシーズンっていつ? 一番人気は●月!

結婚式と聞いて最初に思い浮かべる月は何月ですか? ジューンブライドなどとよく聞くので「6月」でしょうか。そこで既婚女性に実際に何月に結婚式を挙げたのかアンケートを取ってみました。

Q.結婚式はいつ挙げましたか?

・1月・・・3.6%
・2月・・・2.2%
・3月・・・3.6%
・4月・・・6.6%
・5月・・・13.9%
・6月・・・8.0%
・7月・・・4.4%
・8月・・・3.6%
・9月・・・4.4%
・10月・・・10.2%
・11月・・・9.5%
・12月・・・2.9%
・挙式していない・・・27.0%

調査の結果、1番多かったのは5月であることが判明! 次いで10月、11月、6月となり、花嫁のあこがれのジューンブライドは4位という結果になりました。では、それぞれどうしてその月に結婚式をあげたのか聞いてみましょう。

気候が人気の5月や10月に挙式!

・「5月・・・花粉症も終わり、気候的にも丁度よかったから。」(32歳/建築・土木/事務系専門職)

・「5月・・・天候が安定していて、暖かいから」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「10月・・・暑すぎず、寒すぎず。」(30歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「10月・・・気候がよいから」(27歳/その他/その他)

人気の5月と10月に挙式した理由は気候が安定しているという理由からのようです。梅雨入り前の5月と、暑さが一段落した10月は、特にガーデンウエディングなんかの結婚式が行いやすいと言えるでしょう。これから挙式する人は参考にできる意見になります。

つき合い始めた月に挙式!

・「5月・・・つき合った記念日に」(30歳/食品・飲料/技術職)

・「11月・・・寒すぎず暑すぎず、つき合い記念だから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「7月・・・つき合い記念日と結婚式を合わせたかったから。」(30歳/団体・公益法人・官公庁/公務)

彼とのつき合い記念を結婚記念にしたい、という女心から挙式をセッティングするケースも多いようです。気候がよければ尚更同月に結婚式を挙げる女性が多くなるのでしょう。記念日を忘れがちな男性にとっても、結婚記念日とおつき合い記念日が一緒だと安心できますね。

誕生月に挙式!

・「11月・・・自分の誕生月なので」(28歳/建築・土木/事務系専門職)

・「9月・・・私の誕生日だったことと季節、同棲して1年というタイミングもよかったので。」(32歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「11月・・・誕生日なので」(28歳/建築・土木/事務系専門職)

つき合い記念同様に自分の誕生月に結婚式を合わせるケースも多いようです。嬉しいこと、記念日は集中させたい女性が多数いるという結果になりました。興味深かったことは、彼の誕生日に合わせる女性がいなかったことです。やはり、主役は女性ということなのでしょうか。

まとめ

いかがでしたか? 結婚式を挙げるシーズンは暑すぎず、寒すぎずといった安定した気候が求められることがわかりました。また、誕生日やおつき合いの記念日に挙式をしたい女性が多いようです。うきうきした気分を更に盛り上げたい女性ならではの気持ちの表れと言えますね。

(C.W.)

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数137件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません。

お役立ち情報[PR]