お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

女性がデートで出してる「帰りたいサイン」を気づいてる?

ファナティック

せっかくのデートだけれど、気分がのらないときや、早く帰りたいと思うときはありますよね。でも、帰りたいと直接言うと彼に気の毒です。みなさんがデートで出してる「帰りたいサイン」には、何がありますか? 女性に教えてもらいました。

体調が悪いふりをする

・「体調悪いアピールをする」(29歳/マスコミ・広告/技術職)

・「具合が悪い。生理痛のせいにします」(28歳/ソフトウェア/販売職・サービス系)

・「ちょっと寒気がするから早めに休みたいとしんどいふりをする」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

いくらなんでも、体調が悪い人を遊びの予定で引き止める男性はいなさそうですよね。急に言うとわざとらしくなりますので、帰りたいと思う時間より早めにアピールしておくといいかもしれません。デートで疲れたのかもと思ってくれます。

明日は早いことにする

・「明日仕事が早いからと言う。時計を何回も見る」(31歳/運輸・倉庫/営業職)

・「明日が早いからと言って、帰る時間を先に伝える」(30歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「翌日の仕事の話をして、帰る雰囲気作りをする」(24歳/食品・飲料/専門職)

デートといえば休日にすることが多いですね。日曜日や祝日なら、翌日は勤務日ですよね。男性も仕事のことについては理解があるでしょうから、朝早いのなら帰してくれるはずです。思い切って自分の仕事のせいにしてしまいましょう!

元気のなさそうな様子を見せる

・「下を向く」(27歳/学校・教育関連/専門職)

・「次に行きたい場所を言わない」(30歳/食品・飲料/技術職)

・「疲れたと言う」(30歳/人材派遣・人材紹介/秘書・アシスタント職)

デートは仕事ではありませんから、楽しくしたいですよね。男性から誘ったデートであれば、彼女の元気のなさそうな様子には敏感になってくれるかもしれません。体調が悪いとは言わなくても、もうデートは終わりにしたいんだなと察してくれるでしょう。

まとめ

実はこんなにある、女性からの帰りたいサイン。男性に気を遣わせずにその場を抜け出すテクニックですね。男性がもしサインに気づかずに引き止めてしまったら、もう会いたくないと思われてしまうかも。サインは見逃さないようにしましょう。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数160件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]