お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

6割以上の男性は〇〇の女性にドキドキ! 仕事中は「制服」or「私服の女性」のどちらがいい?

ファナティック

働く女性は魅力的です。その魅力を倍増させるのが働くときの服装ではないでしょうか。職業特有の制服や、オシャレな私服での仕事など、ビジネスの上では見た目も大切。働く女性の服装について思うことを、社会人の男性に聞いてみました。

Q.職業柄、制服着用の女性と私服の女性なら、どちらが好き?

 「制服の女性」……64.7%
 「私服の女性」……35.3%

6割以上の男性が、制服で働く女性が好きだと回答しました。それぞれの理由を見てみましょう。

【「制服の女性」と回答した男性の意見】

■ビジネスモードが素敵!

・「男女問わず制服には統一感があっていい。全員が同じ目標に向かってる感じがしていい」(32歳/商社・卸/営業職)
・「CAさんとか素敵なので」(35歳/通信/事務系専門職)

制服に腕を通すことでプライベートとの切り替えができるという人も多いのではないでしょうか。まさに「今、仕事をしています!」というビジネスモードは働く女性をさらに輝かせるようです。

■私服とのギャップが好き

・「職場でしか見られない格好もいい」(31歳/農林・水産/技術職)
・「私服に着替えたときのギャップがたまらないから」(37歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

オンとオフの切り替えに魅力を感じる男性も多いようです。職場での彼女の姿は、普段見る彼女とはまたちがった魅力があるのでしょう。私服がラフであればあるほど制服とのギャップを感じるのかも。

【「私服の女性」と回答した男性の意見】

■私服はセンスが磨かれる

・「広い意味でのセンスは、こちらのほうが磨かれていそうだから」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)
・「制服だとファッションに気を使う必要がないので、逆にオシャレ度がわかる」(33歳/機械・精密機器/営業職)

確かに、私服の女性のほうが、制服のように決められた服装がない分、センスが日々磨かれていそうなイメージがありますね。男性は、女性が思っている以上に女性のファッションセンスに注目しているようですよ。

■個性があるから

・「日本の制服って大体ださくて、おばさんみたいだから。かわいくないことが多い」(36歳/機械・精密機器/営業職)
・「私服のほうが自由度があるし、個性が出るのでいいから」(33歳/電機/技術職)

制服は基本的にどのような体型でも着られるように設計されているものが多いため、パターンは画一的になりがちでデザインも限定されてしまいます。私服は限度を守れば個性が光る素敵な仕事服となるでしょう。

まとめ

近年は制服を廃止し、各人の個性を尊重する会社も増えてきました。一方では制服がその会社のイメージとして定着し、着ている側も制服に誇りを持っている場合もあります。制服でも私服でも、仕事に対する真摯な姿勢が大切。ファッションにはTPOが何よりも大切な要素なのです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数102件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]