お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デジタル・アプリ

LINEのやりとりを終わりたい! 女性が行う「サイン」3つ

ファナティック

気軽にメッセージが送れるLINEはやりとりに便利ですよね。チャットのように会話ができるので、気がつけば何時間のやりとりをしていた! なんてことも……。そんなLINEのやりとり、「そろそろトークを終了させたいな……」と思っていても、やめどきがわからず、ダラダラ続けてしまっている人もいるかもしれませんね。そこで今回は、女性のみなさんに「LINEのやりとりを終了させたいときにする行動」について教えてもらいました。

スタンプだけ送る

・「スタンプでトーク終了合図にすることが多い。相手も空気を読んでスタンプで返してきたら終了」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「スタンプのみ送る。スタンプは『文字を送らなくてもいい』つまり、返事はいらない。という意味合いで使っている」(29歳/生保・損保/販売職・サービス系)

・「スタンプだけで返信する。相手が空気が読めれば返信ナシか、相手からもスタンプが返ってきて終了」(33歳/団体・公益法人・官公庁/販売職・サービス系)

LINEの魅力でもあるスタンプ。使いやすいスタンプには、インパクトのある絵の横に「OK」などのメッセージが書いてあるものが多いですね。スタンプだけを送ると相手が返信しにくくなるので、返信不要の合図として活用しているようです。

おやすみと言う

・「そろそろ眠いので、続きはまた明日にしてくれると助かります☆って送るとはっきりする」(25歳/食品・飲料/技術職)

・「『またね』『おやすみ』などのスタンプを送る。それ以上相手は何も送ってこられない」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「私が、朝早いため寝る時間が決まっているので、時間が近づくと彼が『そろそろ時間だね。おやすみ』と言って終わる」(23歳/機械・精密機器/その他)

LINEのやりとりを終了させたくなるときといえば、やはり寝る前でしょう。でも、いい時間になっても相手の返信がとぎれないことがあります。そんなときはおやすみと言って返信をやめてしまいましょう。これから寝ると宣言しているのなら、たとえ相手からメッセージが送られてきても返信せずすみそう。

返信をやめてしまう

・「既読スルーしてしまう。スタンプだと終わらせたい感が出てしまう」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「未読で放置する」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「何も知らせずやめる」(28歳/生保・損保/営業職)

突然メッセージのやりとりが終わってしまうと「どうしたのかな?」と思いますが、相手も「あ、そろそろ終わりかな」ということは察せられますよね。やりとり終了の流れに持ち込むのが苦手な人は、思い切って既読スルーするのもひとつの手段かも?

<まとめ>

ついだらだらと続けてしまうことのある、LINEのやりとり。女性のみなさんも困った経験があるのか、LINEのやりとり終了の方法を各々工夫しているみたい。あなたは、LINEのやりとりを終了させたいときにする“合図”のようなものはありますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数170件(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]