お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 好かれる美人

これを押さえておけば! 目上の人に好印象を与える「お酒の場での話のネタ」3選

ファナティック

社会人ともなると目上の人が同席する飲み会も多いので、飲んでいる間も緊張しっぱなし。何か失礼なことをしないか、失敗しないかハラハラしちゃいますよね。だからといって、目立たないようにしているだけではいい印象を持ってもらえないこともありそう。今回は、知っておくと便利な「目上の人に好印象を与える話のネタ」について、女性たちに聞いてみたので参考にしてみてくださいね。

■自分の失敗談を明るく話す

・「最近作った料理の失敗談。あえての失敗話で盛り上がるし、一応家事をするって好印象も残せるから」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「自分のお酒での失敗話。バカな話を明るく話すと盛り上がるから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「自分の失敗談をして、アドバイスをもらったりする」(29歳/医療・福祉/専門職)

自分がやらかしてしまった失敗談を明るく話すことで場を盛り上げるのがいいというアドバイスをする女性もいるようです。あくまでも暗くならないようにバカ話として話すことが大事ですが、そうやって話題を振っておけば目上の人から「そういうときはこうすればいい」というアドバイスを引き出せて、顔を立てることもできそうですね。

■趣味の話で持ち上げる

・「相手の趣味の話。相手が気持ちよくしゃべれる話題だから」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「上司のプライベート(得意な趣味とか)の話をして持ち上げる」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「車の話。年配の人は車にこだわりがある人が多いと思うので、話が弾むと思う」(24歳/食品・飲料/専門職)

相手の趣味を聞き出して、それについていろいろと相手に語らせるというのもひとつの方法。好きなことについて語りたくてしょうがないという人は多いので、相手の話をしっかりと聞きながら適度に相槌をうっておけば自分が喋らなくても場が持ちそう。「スゴイですねぇ」とか「さすが」という言葉を聞いて喜ばない人はいないですもんね。

■過去の武勇伝を聞き出す

・「目上の人の仕事の武勇伝を聞くこと。得意げに話してくれそうだから」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「目上の人の昔話。気持ちよく話してもらえるので」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「目上の人のすごい逸話話。相手も悪い気がしないから」(33歳/その他/クリエイティブ職)

仕事を長く続けていればその人が自慢に思っている武勇伝というのは必ずあるはず。それを聞き出せるように話を振ってあげると得意げに語ってくれること間違いなし。特に男性は過去の武勇伝を話したがる人も多いので、何度同じ話をされても「またか」と思わずにちゃんと聞いてあげると好印象を持ってもらえそうですね。

お酒の席とはいえ、目上の人に接するときには「敬語を使わなきゃ」とか「礼儀正しくしなきゃ」と緊張してしまうのは当然。でも、相手もお酒が入っているときには少しくらい失礼なことがあっても気にしないことは少なくないもの。ただ、何か失敗をしてしまったときに許してもらえる存在になるには、最初に好印象を持ってもらうことも大事。コミュニケーションが取れていれば「仕方ないなぁ」と笑ってすませてもらえる失敗もあるはず。そのためには、好印象を与える会話術が必須ですよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数143件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]